平井理央、フジテレビ退社後初CM! 体を塩で清めて撮影に臨む!!

フジテレビを退社後、初CMに出演することになった平井理央
  • フジテレビを退社後、初CMに出演することになった平井理央

'12年9月にフジテレビを退社した人気キャスター・平井理央が、フリー転身後初となるCMに出演することが分かった。ダンロップの低燃費タイヤのイメージキャラクターに就任した平井が、さまざまな人物や“タイヤ”にインタビューするというストーリーになっている。

平井は、バレエダンサーの服部有吉やヒップホップグループ・RHYMESTER(ライムスター)のDJ JINのほか自由奔放な子供やタイヤ、さらに“自分自身”にもインタビューを敢行する。特に自分自身へのインタビューシーンの撮影では、初のCM撮影にもかかわらず「一人二役」に挑戦することに。取材を受ける側の平井は、キャスターとしての表情ではない“素の平井”となり、普段は見られない貴重なシーンとなった。

バレエダンサーの服部は、今回の撮影のために活動拠点であるカナダから来日。ハンドル切ったり立ち上がったりジャンプしたり華麗なアクションを披露した。コレオグラファーとしても活躍する服部に、平井も目を輝かせていた。

また、平井は今回の撮影に入る前、東京・明治神宮にお参りに行ってお守りを購入し、願掛けを行ったことを告白。さらに撮影当日には、“塩”いっぱいの風呂にも入り、体を清めて気合を入れて臨んだという。

常に最前線で最先端のタイヤ技術を開拓し続けてきたダンロップは、「今回のCMで、“ダンロップの低燃費タイヤシリーズなら、どのようなユーザーでも自分にピッタリの商品を見つけることができる”ということを、平井さんがさまざまなユーザー代表に問い掛ける様子を通じて表現いたしました」とコメントしている。

ダンロップ 低燃費タイヤシリーズ 新テレビCM
「エナセーブ篇」
「LE MANS・VEURO(ルマン・ビューロ)篇」
3月30日(土)より全国で放送開始

キーワード

[PR] おすすめ情報