神谷明からの直接指導も!「DD北斗の拳」の面白過ぎの現場が明らかに

制作発表会見に登場した一条和矢、立花慎之介、原哲夫、吉木りさ、関智一(写真左から)
  • 制作発表会見に登場した一条和矢、立花慎之介、原哲夫、吉木りさ、関智一(写真左から)

テレビ東京にて4月2日(火)からスタートする「DD北斗の拳」の記者発表会が都内で行われ、原作者で本作のスーパーバイザーを務める原哲夫氏、監督の大地丙太郎、声優の立花慎之介(ケンシロウ役)、関智一(トキ役)、一条和矢(ラオウ役)が登場しトークセッションを行った。さらに、本作の主題歌を担当する吉木りさも登場し、主題歌「シフトと時給と、ついでに愛をとりもどせ!!」をお披露目した。

本作は、「北斗の拳」をもとに“世紀末に戦争も自然破壊も特に何も起こらなかったら”という設定で現代の世を生きる北斗の拳士たちの日常を描く。ストーリーは全てオリジナルで、原作の名シーンや名ゼリフなどが満載のギャグコメディーアニメとなっている。

原作者の原氏は「ギャグアニメをやるということは、僕にとっては全然違和感がないんですよね。僕の思っている以上にはじけた作品になっていると思いますので、楽しみにしています」と作品への期待を明かす。

原氏、大地監督、立花、関、一条によるトークセッションでは収録時の話題で盛り上がり、一条は「収録はもう何本か終えているわけなんですけども。バカですよ~(笑)。なんというテーマだろうと。もう、はらわたよじれるというか、一番面白い現場だと思います」とコメント。関は「(アニメ『北斗の拳』で主人公・ケンシロウを演じた)神谷(明)さんは出番が少ない回とかでもずっとスタジオの中でわれわれが演じているのを見てくれて、一番笑っていただける。神谷さんに包まれている現場です」と語る。

そんな和やかな現場では収録中も笑いが絶えないようで、大地監督からも本番中に声優陣が笑いを堪えていると明かす発言もあり、立花は「みんな本番で芝居を変えてくるんですもん。面白過ぎて。特に関さんめっちゃ変えますからね(笑)」。続けて、一条からも「(関は)一番ずるい役者なんですよ(笑)。咳き込むだけで全部持って行っちゃうんですよ」と会場を沸かせた。

さらに、収録の際には神谷が指導する場面もあったようで一条は「立花君が『アター』とか『アチョー』とか言うせりふに、『もう少しここはトーンを上げていくんだよ』という風に神谷さんからケンシロウの演技指導をしていた」と興奮気味に語る。その指導を受けた立花も「1話のシーンだったんですけども、台本上はジャンプシーンで台本の『アトー』というイメージで僕はやっていたんですけども、神谷さんから『そこはケンシロウは「アトー」じゃなくて、「ホォー」って上がるように飛ぶんだよ』って実際にその場でやっていただいて“一子相伝”していただきました!」と神谷の直接指導に感激もひとしおだったよう。

「DD北斗の拳」
4月2日(火)スタート
毎週火曜 夜1:40-2:10 
テレビ東京にて放送

テレビ大阪は4月5日(金)スタート
毎週金曜夜2:10-2:40

テレビ愛知は4月3日(水)スタート
毎週水曜夜2:35-3:05

キーワード

[PR] おすすめ情報