新・大岡越前は“ミスターパーフェクト”東山

国仲は「東山さんはどの角度から見てもステキです!」とニンマリ
  • 国仲は「東山さんはどの角度から見てもステキです!」とニンマリ

3月30日(土)よりスタートするスペシャル時代劇「大岡越前」(毎週土曜夜8:00-8:45 NHK BSプレミアム)の完成試写会が行われ、主演を務める東山紀之らが出席した。

約30年続いた昭和の名作時代劇「大岡越前」がNHK BSプレミアムで14年ぶりに復活する。前シリーズで主役・忠相を演じた加藤剛は「人生とも言える思い出の作品“大岡越前”が、新しいキャストによって生まれ変わり、お茶の間の皆様にご覧いただけることを本当にうれしく思っています」と喜びのコメントを出すなど、新しい「大岡越前」への期待は高まるばかりだ。

主演を務める東山紀之は、「約30年間、加藤剛さんが務めていた大岡忠相という素晴らしい役を今回引き継がせていただきます。実は中学校3年の修学旅行のとき京都の映画村に行って、大岡越前のセットがあったんですけど、白洲のところで座って記念写真を撮った思い出があります。まさか30年経って自分がそこに座ることになるとは夢にも思っていませんでした。その思い出もあってか、運命的なものを感じたりしています。んなエピソードもあり、素晴らしい役を引き継ぐ喜びを噛み締めながら演じています。素晴らしいキャストの皆さんとスタッフの皆さんで、素晴らしい大岡裁きを演じられたらいいなと思います」と、喜びと抱負を語った。

蘭方医・榊原伊織役を務める勝村政信は「友人に大岡越前をやるというと、(前作の榊原伊織役を務めた)竹脇無我は誰なんだ?と聞かれますが、竹脇無我さんは役名じゃありません。でもそれだけ竹脇さんの印象が強いという事だと思います。1話を見たスタッフの皆さんからは竹脇さんと似ていると言われます。最初は複雑でしたが、今はうれしいです。少しでも前作に近づけたらなと思っています」と意気込んだ。

忠相の許婚・雪絵役を演じる国仲涼子は「3歩下がった爽やかな女の人を演じようと意識しています。キャスティングミスと言われないよう努力しています」と心持ちを話した。また、吉宗役の平岳大は「暴れん坊将軍・吉宗はやんちゃなガキ大将で、東山紀之演じる忠相は家庭教師のような存在をイメージしている。でも東山さんは“ミスター・パーフェクト”です。長いせりふも全然間違えないので、こちらも間違えてはいけないとプレッシャーを感じます」と、東山のすごさとともに抱負をアピール。

最後に東山は「やはり僕も皆さんも、大岡越前というと加藤剛さんのイメージを持っていると思います。そのイメージを大切にしながら、少しずつ新しい大岡越前をつくっていけたらと思います」と、名作を演じる心境を口にした。

スペシャル時代劇「大岡越前」
3月30日(土)よりスタート
夜8:00-8:45(初回は夜8:00-9:00)
NHK BSプレミアムで放送

キーワード

[PR] おすすめ情報