「水曜どうでしょう」藤村Dと「ガリゲル」「ダウンタウンDX」の西田Pが予算ゼロで作る!新しいTV番組「たまたま」制作発表

「たまたま」スタートの意気込みを語る「水曜どうでしょう」ディレクター藤村忠寿氏(左)と「ガリゲル」「ダウンタウンDX」プロデューサーの西田二郎氏(右)
  • 「たまたま」スタートの意気込みを語る「水曜どうでしょう」ディレクター藤村忠寿氏(左)と「ガリゲル」「ダウンタウンDX」プロデューサーの西田二郎氏(右)

「水曜どうでしょう」ディレクター藤村忠寿氏(以下、藤村D)と「ガリゲル」「ダウンタウンDX」プロデューサーの西田二郎氏(以下、西田P)のトークイベントが今年1月にテレビ埼玉(略してテレ玉)で行われた。関西ウォーカーでも取材した、このイベントのトークの中で飛び出した「『たまたま』オレ(西田P)とふじやん(藤村D)が会ったときに、『たまたま』思いついたことやって番組作れへん!? 『たまたま』今日イベントに来てるみんなも手伝って!ちょうどテレ『たま』やし、番組名は『たまたま』でええやん!」という西田Pの発言で会場は盛り上がり、約2か月を経てついに今日3/22、西田P、藤村Dの2人による「たまたま」の制作発表が都内で開催された!

制作発表には、関西ウォーカーをはじめマスメディアの記者や、ツイッター、Facebookでの告知を見て駆け付けた一般の「ソーシャル記者」も参加して西田P、藤村Dの意気込みに聞き入った。

番組のコンセプトは「大いなるパイロット版・日本のテレビの未来のために」。西田Pは読売テレビ(日本テレビ系列)、藤村Dは北海道テレビ(テレビ朝日系列)のそれぞれ社員であり、系列局の違うテレビマンの2人がタッグを組んでコンテンツを作るということはとても画期的なこと。「テレビ界の地盤沈下が言われる中、『まだまだテレビはおもしろい!』と言われるようなことをしていきたい」と2人。そして、目指すのは「予算ゼロ円」での「みんなで作るバラエティ」。SNSなどを活用してボランティアスタッフや企画を募集して、見る人を巻き込んだバラエティ番組にしたいという。藤村Dは「おもしろおかしいだけじゃなくて、まじめにテレビの話をする場にもしたい」と、意外な熱い一面も見せた。

番組の内容はまだ明かされておらず、4/2(火)に放送される初回を見てのお楽しみとのこと。たいへん残念ながらこの「たまたま」は現在のところテレ玉が見られるエリアでしか視聴できないが、2人のおもしろくてためになる!?トークは、関西ウォーカー(書店コンビニで絶賛発売中!)の連載「てれびバカ一代!」で毎号楽しめる。この連載を読んで関西でも放送される日を待とう!玉エリアでの初回放送は4/2(火)25:00~、第2回は4/7(日)25:30~で各30分。テレ玉の放送枠が「たまたま」空いている時間に放送されるため、放送日時も不定期だそう。そこまで「たまたま」にする!?

●「たまたま」番組概要

テレビ埼玉にて4/2(火)25:00~初回放送

出演:藤村忠寿・西田二郎

【取材・撮影=関西ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報