レディー・ガガ、6月にジャズアルバム録音開始!

いよいよ本格復帰か!
  • いよいよ本格復帰か!

手術を終えて現在回復中であり、本人は仕事再開の意欲にあふれていると伝えられているレディー・ガガだが、ジャズ界の大御所トニー・ベネットが、6月からガガとデュエットアルバムの録音に入ることを米音楽誌に明らかにした。

臀部の手術のため「ボーン・ディス・ウェイ・ツアー」の残り日程を全てキャンセルし、療養に集中しているガガの、今後の復帰予定はまだ明らかにされていないが、トニー・ベネットによれば、彼とガガのデュエットアルバムのプロジェクトは進行しているという。

「今から6月にかけて準備をする。6月には録音をしているだろう。レディー・ガガは驚くべき歌い手だ。僕と彼女は素晴らしく息が合う。彼女は録音を楽しみにしている。それは僕も同じだ」とトニー・ベネットは米ローリング・ストーン誌に語っている。

ガガとベネットは、彼のアルバム「デュエットII」に収録された「Lady Is A Trump」をデュエットしており、2012年10月、ベネットは「このデュエットを聞いた人は、ガガは現在最高のジャズシンガーの一人だとわかるだろう」と語っていた。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報