宮藤官九郎、『中学生円山』の下ネタを連発!

宮藤官九郎、『中学生円山』舞台挨拶で下ネタを連発
  • 宮藤官九郎、『中学生円山』舞台挨拶で下ネタを連発

草なぎ剛主演、宮藤官九郎の脚本&監督作『中学生円山』(5月18日公開)の完成報告会見が、3月25日に帝国ホテルで開催。草なぎ剛、平岡拓真、遠藤賢司、坂井真紀、仲村トオル、宮藤監督の6名が登壇した。会見では、本作のテーマである、“中学生”“妄想”“青春”などをテーマに、ゲスト陣が恥ずかしくも懐かしい中学生時代のエピソードをクロストーク。宮藤監督も率先して下ネタをお見舞いした。

本作は、宮藤のオリジナル脚本の映画化作品で、エッチな妄想ばかりしている中学生男子の円山(平岡拓真)が、ひとりのシングルファーザー(草なぎ剛)と出会い、成長する物語だ。宮藤作品初出演で初主演を務めた草なぎは「以前からお仕事をしたいと思った監督だった。新しい僕の一面、引き出しを引っ張ってくれたという印象があり、感謝してます」とコメント。円山役の平岡は「撮影中は気にならなかったけど、脱ぐシーンとかを見て、自分は何をやってるんだろうと思いました」と照れ笑いをした。

劇中で、父親役と「キャプテンフルーツ」という強烈なキャラクターを演じた仲村は「躊躇はありました。妄想の時の衣装が気になっていて。すごいものだったら役を諦めなきゃいけないと思っていたので」と苦笑い。草なぎは仲村について「すごく格好良かったです。トオルさんらしからぬ役柄で楽しませてもらいました」と絶賛。

宮藤監督は本作について「どうしてもチ○コの話になっちゃう。それを言わないと始まらない」と言いながら、下ネタを連発。平岡も「チ○コを触ってから本番に挑めと言われて」と激白すると、母親役の坂井も「私も現場にいましたが、股間を触ってからセリフを言ってみて、とかけっこうありましたよね」とうなずく。宮藤は、しれっと「中学生ですから。無防備な気持ちになってもらおうと思って、チ○コ触ってからやろうよって」と言うと、MCの笠井信輔アナウンサーから「監督、放送で使える言葉をお願いします!」と突っ込みが入り、会場は大爆笑となった。

そんな中学生ならではの妄想ネタが炸裂している『中学生円山』。主演の草なぎは、つかみどころがない下井役を飄々と演じ、克也の妄想の中の殺し屋「子連れ狼」役では、キレのあるアクションを披露した。また、思春期の悶々とした苛立ちや真っ直ぐさを表現した 平岡拓真らバラエティー感あふれるキャスト陣のアンサンブル演技も堪能したい。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報