ミニストップからコーヒー豆を使ったスイーツ登場

店内で提供するオリジナルコーヒー豆を砕いてそのままスイーツに使用!
  • 店内で提供するオリジナルコーヒー豆を砕いてそのままスイーツに使用!

ソフトクリームやハロハロなどスイーツの美味しさに定評があるミニストップから、店内で提供するオリジナルコーヒー豆を使用した新作のお菓子が登場!

「MINIきぶん洋菓子倶楽部 コーヒー豆とアーモンドのチョコケーキ」と「MINIきぶん洋菓子倶楽部 コーヒー豆のほろほろクッキー」(各130円)が、3月27日(水)より国内のミニストップにて発売される。

ミニストップは2009年10月より店内でドリップしたコーヒーを他社に先駆けて発売し、コーヒーブランドとして「M’s STYLE COFFEE」を立ち上げ、「ホットコーヒー(150円)」「アイスコーヒー(150円)」「ソフデコ(バニラ味198円)」の3種類を提供している。

今回の新作は、ホットコーヒーに使用している4種類のコーヒー豆を砕いてそのまま使用しているため、香りと風味が高く、コーヒーとの相性も抜群。

一つは、砕いたコーヒー豆とチョコを合わせた、しっとり濃厚なビターチョコケーキに、 アーモンドをトッピングした季節限定のコーヒーチョコケーキ。もう一つは、砕いたコーヒー豆を練り込み、ほろほろとした食感とコーヒーの香りが楽しめるクッキーだ。

ミニストップのこだわりのコーヒーと合わせるとより香りと風味が引き立つので、一緒に購入して優雅なコーヒータイムを過ごそう。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報