春休み中に行きたい!世界&アジアで人気の島トップ10

「アンバーグリス キー」では直径313mもあるブルーホール「ザ・グレートブルーホール」が見られる。
  • 「アンバーグリス キー」では直径313mもあるブルーホール「ザ・グレートブルーホール」が見られる。

世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」。そんな同サイトで、世界の旅行者の間でもっとも人気のある島を選ぶランキング「トラベラーズチョイス 世界のベストアイランド2013」の結果が発表された。

こちらのランキングは、過去1年間にトリップアドバイザーに投稿された、世界中の旅行者たちの口コミをもとに選出されたもの。アジア、南太平洋、ヨーロッパ、アフリカ、カリブ海など、各エリアごとにトップ10が集計され、最終的に100を超える島々のなかから世界ナンバー1に選ばれたのは、カリブ海に浮かぶベリーズ最大の島「アンバーグリス キー/ベリーズ」となった。

日本ではあまり知られていないものの、白砂のビーチに囲まれ、主な移動手段はゴルフカートという、のどかな雰囲気の「アンバーグリス キー」。その沖合いには、ネットに画像がアップされ話題になった「ザ・グレートブルーホール」と呼ばれる巨大な縦穴があり、日帰りツアーで訪れる旅行客が近年急増しているという。

なお世界ランキングには、この他にも「セント ジョン島/米領バージン諸島」「ボラボラ島/フランス領ポリネシア(タヒチ)」「サンファン島/アメリカ」「サントリーニ島/キクラデス諸島」「イスラムヘーレス/メキシコ」「モーレア島/フランス領ポリネシア(タヒチ)」「タオ島/タイ」「イースター島/チリ」「ノシベ島/マダガスカル」がランクインしている。

一方、アジア版のランキングで第1位に輝いたのはタイのタオ島。日本でも人気のサムイ島のさらに沖合いにあり、白砂のビーチに巨岩がゴロゴロと点在する特徴的な風景や、ジンベエザメやウミガメが泳ぎ回るワイルドな自然が楽しめる、要注目のスポットだ。

こちらのタオ島に続き、アジア版ランキングでは「ヌサレンボガン/インドネシア」「ランター島/タイ」「ギリトワンガン島/インドネシア」「ボラカイ島/フィリピン」「プーケット/タイ」「サムイ島/タイ」「パラワン島/フィリピン」「ランカウイ島/マレーシア」「ハブロック島/インド」がトップ10にランクインする結果となった。

こちらに掲載した島以外にも、「トリップアドバイザー」では個性的な島や観光地が多数紹介してある。ゴールデンウィークや夏休みに海外旅行を計画している人は、今回のランキングを参考にしつつ、プランを練ってみてはいかがだろう。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報