AKB48の新ユニット「3人マリコ」衝撃のデビュー!?

篠田麻里子が“一人3役”を演じるCMが放送されることになった
  • 篠田麻里子が“一人3役”を演じるCMが放送されることになった

AKB48の篠田麻里子が、“ヨドコウ”でおなじみのヨド物置のイメージキャラクターに引き続き起用され、CM限定のユニット「3人マリコ」で一人3役に挑戦することが分かった。「3人マリコ」は、3枚トビラのヨド物置「エスモ」の特徴をスタイリッシュなダンスで表現する。

「3人マリコ」は、メタリックシルバーを基調とした近未来風の衣装、ヘアスタイルでさっそうと登場。3枚トビラの魅力を現代に伝えるために未来からやって来たという設定で、心が広く開口部の広さを伝えるマリコ1号、芯が強く長持ちする強さを伝えるマリコ2号、おしゃれでカラーバリエーションの豊富さを伝えるマリコ3号、という個性的なメンバー構成。

“3人組ユニット”とはいえ、一人で3役を演じなければならない篠田。だが、普段からAKB48の中心メンバーとして、数々のダンスを踊っているだけに、今回の振り付けもノートパソコンでレッスンの映像を数回再生し、姿見の前で5~10分ほど練習しただけで、あっという間にマスターしてしまったという。

撮影は最初にマリコ1号の一連のダンスパートを収録した後、衣装を着替えて、今度はマリコ2号のダンスパート、再び衣装を着替えて、最後にマリコ3号のダンスパートという順番で行われた。いずれも振り付けや歌う箇所が微妙に異なるため、切り替えの早さも要求されたが、篠田は毎回そんな難しさをみじんも感じさせない完璧なダンスを披露し、スタジオを沸かせた。

撮影を終えた篠田は、「今回のCMは、未来からやって来た“3人マリコ”という設定でした。設定を聞いた時は、“何それ!?”と思いましたが、衣装も髪型もとてもかわいらしく、ダンスや歌がいつもと違うのが逆に新鮮で、楽しむことができました。撮影中は、どう3人になるのか分からないまま踊り、しかもCM撮影とスチール撮影がそれぞれ3人分。衣装チェンジとスタジオチェンジが何度もあって、休む間のない現場でした。でも、完成した映像を見て感動! 特にマリコ2号とマリコ3号が手を合わせるシーンが、すごくリアルでビックリです。そんな3人マリコのスタイリッシュな“デビュー作品”、ご期待ください!」とメッセージを送った。

なお、篠田は立候補制となったAKB48「第5回選抜総選挙」にいち早く出馬を表明。8月に発売が予定されているAKB48の32枚目のシングルの選抜メンバー入りを目指す。

ヨド物置「エスモ」
新テレビCM「3人マリコ」篇
4月1日(月)より全国で放送開始

キーワード

[PR] おすすめ情報