高校球児の女神・吉本実憂が健康的な生足でプロ野球も応援!

6人のプロ野球識者と共に「ジョージア魂賞」の開幕イベントに登場した国民的美少女コンテストグランプリの吉本実憂(中央)
  • 6人のプロ野球識者と共に「ジョージア魂賞」の開幕イベントに登場した国民的美少女コンテストグランプリの吉本実憂(中央)

3月29日(金)にセ・パ両リーグが同時に開幕を迎える「プロ野球」を応援する缶コーヒーのジョージアが、ことしも“選手一人一人がベストを尽くし、与えられた役割をまっとうすることで、チームを勝利に導く。チームのために最も貢献した魂あふれるベストプレー”をファン投票により選ぶ「ジョージア魂賞」を贈ることが発表され、選考委員の山田久志氏、衣笠祥雄氏、梨田昌孝氏、工藤公康氏(以上プロ野球OB)、二宮清純氏(スポーツジャーナリスト)、小林光生氏(週刊ベースボール編集長)と共に、昨年開催された「第13回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを獲得し、現在熱戦が繰り広げられている「第85回記念選抜高等学校野球大会」の初代応援イメージキャラクターとしても活躍中の吉本実憂が開幕記念イベントに登場した。

選手たちを応援するメガホンを持ちながらブルーのジョージア特製ユニフォームに身を包み、白いショートパンツから健康的な生足を見せながら登場した吉本。野球が大好きだと語り、福岡(北九州)出身ということで、「地元の福岡ソフトバンクホークスを応援しています! 選手では内川聖一さんのファンです!!」と、開幕間近のプロ野球に期待を寄せた。また、美少女ユニット・X21のリーダーとしてもメンバーの先頭に立つ吉本は、かつてチームスポーツのプロ野球で華々しい活躍をした面々に「どうしたらグループをうまくまとめることができますか?」と質問。「何かをやるという時に自分が責任を取るということをはっきり言う」という工藤氏や、「メンバーをよく見て気配りを忘れない」という衣笠氏、「一人一人の意見をよく聞く」という山田氏らの回答に真剣に耳を傾けていた。

一方、選考委員らは恒例の各リーグ3位までの順位予想も発表。6人ともセ・リーグの巨人、パ・リーグの福岡ソフトバンクの優勝予想、セ・リーグは残りの5球団はどこが上位進出してもおかしくない、パ・リーグは混戦で、どこのチームにも優勝のチャンスがあるといった4点が概ね共通する予想となった。例年6位まで予想していたが、今年は3位までということで「3位まで(で最下位を予想しなくていい)ということで、気楽に予想ができました」という梨田氏や、「監督経験者なら分かると思うけど、順位予想って結構みんな見てて、気になるもの。特に宮城・仙台の人はうるさいから(笑)」と、東北楽天を3位に挙げた山田氏などの感想も聞かれた。

また、惜しくもベスト4に終わった「ワールド・ベースボール・クラシック」にも話は及び、その中から「ジョージア魂賞」を贈るとしたらという質問に、全員井端弘和選手の大活躍を認めながら、「台湾戦での牧田和久投手のダイビングキャッチ」という梨田氏や、「打たれる試合もあったが、打たれてはいけない場面ではきっちりと抑えた山口鉄也投手」といった意見も聞かれた。

キーワード

[PR] おすすめ情報