水野美紀は昼ドラ向き!?

撮影について「集中的にお芝居できるから充実感があります」と明かした水野美紀
  • 撮影について「集中的にお芝居できるから充実感があります」と明かした水野美紀

昼の帯ドラマ「白衣の涙 第一部 余命」(毎週月曜~金曜 昼1:30-1:58 フジテレビ系)が、4月1日(月)よりスタートする。

同作品は、谷村志穂原作の小説「余命」をドラマ化したのもので、女医・百田滴(水野美紀)を主人公に、地域医療に従事する医師としての成長と葛藤、そして、妊娠・出産・乳がんと自らの身に降りかかるさまざまな出来事に、一人の働く女性としてどう向き合っていくのかを描く。また、いつしか自らも患者という立場になり、改めて一人の医師として、女性として、“命”と向き合っていく。

3月25日に行われた会見で、“命”という重いテーマについて水野は「悲劇に焦点をあてているわけではなく、前向きに生きる強さが前面に出ているので、演じる方はそんなに辛くないです」と明かした。

また、タイトなスケジュールのため体力面のケアに関して、「始まる前に、毎日ジムに行って体力作りをしてメンテナンスをして、(撮影に)入りました。大変だと聞いていたので怖かったのですが、実際やってみると思ったほどではなかったです。短時間で集中的にお芝居できるから充実感がありますね」と語っていた。

ドラマ「白衣の涙 第一部 余命」
4月1日(月)~26(金)
毎週月曜~金曜 昼1:30-1:58 フジテレビ系

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報