ドラマ 「35歳の高校生」、主題歌はEXILEに決定!

EXILEの新曲「Flower Song」は35歳の高校生の主題歌に決定
  • EXILEの新曲「Flower Song」は35歳の高校生の主題歌に決定

3月28日に行われた「ZIP!春フェス」で、4月13日(土)スタートのドラマ「35歳の高校生」(日本テレビ系)の主題歌をEXILEが歌うことが発表された。同日集まったのは、同ドラマ主演の米倉涼子が演じる35歳の高校生・馬場亜矢子のクラスメート14人(上遠野太洸太、北山詩織、小島藤子、新川優愛、菅田将暉、高杉真宙、西井幸人、野村周平、広瀬アリス、藤原令子、水野絵梨奈、宮崎香蓮、森川葵、山崎賢人)が出演し、イベントを盛り上げた。

主題歌は、EXILE・ATSUSHIが作詞した「Flower Song」。ドラマの内容に沿って学校教育における現場での実情や問題をヒアリングしたATSUSHIが制作に取り組んだ楽曲で「一人一人の命を花にたとえ、冬から春になる色鮮やかなイメージを歌にしました。新たなスタートラインに立つすべての方々の応援歌になればいいなと願っています」という思いがこもっているという。EXILEの妹分のE-girls所属の水野は「ドラマの生徒や視聴者の皆さんが普段言えないことを代弁してくれて、救ってくれるような素敵な楽曲だと思います。この曲の最後までがドラマだと思って最後まで聞いていただきたいなと思います」とうれしそうに語った。

ドラマ「35歳の高校生」
4月13日(土)スタート
日本テレビ系で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報