韓国版大奥は19禁!エロで痛い宮中の全貌とは?

ヒロインを演じた清楚な雰囲気のチョ・ヨジョン。劇中では過激なシーンに挑戦
  • ヒロインを演じた清楚な雰囲気のチョ・ヨジョン。劇中では過激なシーンに挑戦

音楽、映画、ドラマなど、未だ衰えを知らない韓流エンタテインメントから、ファンでなくとも気になってしまう衝撃作『後宮の秘密』(5月18日公開)が日本に上陸する。架空の宮中を舞台に、恋人を守るために王の妃となり、生き残るためにたくましく変貌を遂げる美しいヒロインの姿を映し出す時代劇だ。彼女と恋人、さらに彼女の夫の弟を軸に、日本の昼ドラも真っ青な欲望と愛憎渦巻くドロドロの人間ドラマが繰り広げられる。

実はこの作品、韓国で最も厳しい“青少年観覧不可等級”というレイティングがつけられた“19歳未満鑑賞禁止”作。母親や臣下の見ている前で、王と妃がことに及ぶシーンをはじめ、官能描写を過剰に盛り込んだ異色作なのだ。日本未公開の『春香秘伝 The Servant 房子伝』(10)でバストトップまで露出した美人女優チョ・ヨジョンが主演ということも手伝ってか、韓国では公開前から話題騒然!2012年、本国で公開されるや、興行ランキングは初登場1位となり、最終的には260万人以上という、19禁作品史上最高となる観客動員を記録した、2012年の韓国を代表する大ヒット作でもある。

予告編では、妖艶な全裸のヒロインの後ろ姿も確認できる。やっぱり気になるのは官能描写だが、そこはタイトルどおりに、厚いベールに包まれたまま。エロスのみならず、去勢や拷問といった痛いシーンも同じくらい盛り込まれており、韓国からのセクシーパンチにKO必至か!?【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報