ベッカム一家が“ベッキンガム宮殿”売却で都会に引っ越し!?

約14年間暮らした豪邸を手放す!?
  • 約14年間暮らした豪邸を手放す!?

デビッド・ベッカムとビクトリア・ベッカムが、約14年間暮らしたイギリスのベッドタウン、ハートフォードシャーの豪邸を売りに出すことがわかった。

レコーディングスタジオやヘリコプターの発着所、そしてテニスコートにジム、インドア、アウトドアプールなどを装備した1000万ポンドの大邸宅は“ベッキンガム宮殿”というニックネームが付けられるほどの豪邸だが、住み慣れた家を手放し、ロンドンに近い都会に引っ越す準備を整えているという。

「デビッドがロサンゼルス・ギャラクシーを退団し、パリ・サンジェルマンに移籍してからは、家族はイギリスのケンジントンのマンションを借りています。デビッドとビクトリアは、ハートフォードシャーの豪邸を売って、もっとロンドンに近いメイフェアかケンジントンに引っ越したいと考えているようです」。

「でも、ふたりは何年もかけて改築してきた思い出の敷地を分譲して売るようなことはしたくないのです。ベッカムファミリーが住んでいた土地となれば、分譲マンションにしても高く売れるので不動産屋は分譲したがるはずですが、ベッカム夫妻はそれを避けるために、ベッキンガム宮殿を丸ごと買ってくれる個人的なバイヤーが現れるまでじっくり待つ準備があるようです」と関係者がデイリー・メール紙に語っている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報