藤原紀香さんも感動!京都国立博物館で特別展「狩野山楽・山雪」~5/12(日)開催

特別展「狩野山楽・山雪」の大きなパネルが展示されたエントランス
  • 特別展「狩野山楽・山雪」の大きなパネルが展示されたエントランス

狩野永徳の画風を受け継いだ初代・山楽、二代・山雪の生涯と画業をたどる大回顧展、特別展「狩野山楽・山雪」が京都国立博物館で3/29~5/12(日)開催されている。重要文化材13件、新発見9件、初公開6件を含む83件の作品が展示。なかには、海外の美術館所蔵の作品も初めて里帰り展示される作品もあり、桃山から江戸への過渡期、激動の時代に生きたもう一つの狩野派、濃厚な画風を確立する「京狩野」草創期の作品を存分に堪能できるまたとない内容となっている。

初日3/29には、同博物館の広報特使に任命された女優の藤原紀香さんの認定証の交付式も開催され、挨拶のなかで、この展覧会では涙が出たほど感動した作品もあり、「こんな素晴らしい日本文化を世界の人に発信していきたい」と意気込みを語った。

●特別展「狩野山楽・山雪」概要

会場:京都国立博物館(住所:京都市東山区茶屋町527)

電話:075-525-2473(テレホンサービス)

開館時間:9:30~18:00、(金)~20:00(入館は各30分前)

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)※5/7(火)は開館

料金:一般1400円

アクセス:京阪電車七条駅より東へ。徒歩7分

【文=関西ウォーカー編集部】

キーワード

[PR] おすすめ情報