“ゆとり世代の方も味方につけたい!”大倉忠義が「お天気お姉さん」会見で珍アピール!

番組オリジナルの傘を持って登場した武井咲
  • 番組オリジナルの傘を持って登場した武井咲

4月12日(金)にスタートする武井咲主演の金曜ナイトドラマ「お天気お姉さん」(テレビ朝日系)の、制作発表記者会見が4月2日、都内で行われ、出演者の武井、大倉忠義、佐々木希、笛木優子、壇蜜、佐々木蔵之介が登壇した。“お天気お姉さん”さながら「六本木上空が雨模様です」と言いながら登場した武井は「ゲリラ豪雨だったり竜巻だったり、“天気”って気になる存在だと思います。人の命を助けることもあるのでお天気について知ってもらって、私もしっかりとお天気をドラマで届けられたらなと思います。ぜひ皆さんに楽しんでもらえるようなドラマにしたいです」と意気込みを語った。

同ドラマは、朝の情報番組「モーニングZ」のお天気キャスターが専門知識を生かして警察と協力し事件を解決に導いていくという新しい形のウェザーミステリー。武井演じる気象予報士の安倍晴子は、どこにでもいる“お天気お姉さん”とは違って、尋常じゃないほど無愛想で、天気用語をもじり“爆弾低気圧女”という異名を持つほど。そんな晴子の強烈な個性がスタッフや佐々木希演じる女子アナらとの軋轢(あつれき)を生む一方で、いつの間にやら犯人をとことん追い詰めていくという物語となっている。

今回“ゆとり世代”の刑事・青木豪太を演じる大倉は「ゆとり世代に生まれた刑事役ということで、それだけ最初に聞いた時はちょっとつかめないなという感じはあったんですけど、熱い気持ちはありつつどこかが抜けていてすぐ怒られてしまうという…。愛情を持って“ゆとり”と呼ばれていますが、ゆとりだからと言って失敗しているかというわけではなく、青くて失敗しちゃうみたいな…。そのへんをちゃんと表現していけたらなと思います。今回のドラマでゆとり世代の方も味方につけて、敵を作らない芸能生活を送っていけたらいいな!」とおどけて見せた。

また、ドラマ内のワイドショー「モーニングZ」にちなんで新聞記事紹介風に見どころを紹介。「人気女子アナ(佐々木希)VS新人お天気キャスター(武井咲)」という構図の記事で、司会の小松靖アナウンサーから「佐々木(希)さんと武井さんとの仲はどうなんですか?」とふられると、佐々木は即座に「咲ちゃんと? 仲良いです! 現場では他愛もない話をしていますから。人気を取られそうな焦りが表情に出ているんですけど、初めてこういう嫌な女の役をやったので、そこは悪戦苦闘していますが…」と苦笑いしていた。

ドラマ「お天気お姉さん」
4月12日(金)スタート
毎週金曜 夜11:15-0:15
テレビ朝日系で放送
※一部地域では放送時間が異なる

キーワード

[PR] おすすめ情報