アラフォー観月ありさが仮面に囲まれ「婚活」に挑む!?

会見に登場した大塚寧々、観月ありさ、寺脇康文(写真左から)
  • 会見に登場した大塚寧々、観月ありさ、寺脇康文(写真左から)

NHK総合で4月13日(土)から始まる土曜ドラマ「ご縁ハンター」(毎週土曜 夜9:00-10:00 NHK総合)の試写会が4月1日、同局内にて行われ、出演者の観月ありさ、大塚寧々、寺脇康文が登壇した。

同作は、近年、活気を増す「婚活」を舞台に、そこに生きる人々の真剣で切実な願いをリアルに描く物語。アラフォーの蓮見利香(観月)は、母・共子(浅茅陽子)の再婚をきっかけに、婚活サイトに登録。初めは興味本位だったが次第にはまっていき、自分自身の結婚観を見つめ直していく。

観月はドラマの感想を「テンポもよく、見やすいドラマになっています。婚活をテーマにしたドラマは少ないと思いますので、見ていて新鮮なシーンが多く、婚活パーティーを身近に感じられると思います」と語り、友人・悦子役の大塚は「ドラマに出てくるみんなの一生懸命でひた向きな姿に小声で“頑張れって”と囁きながら見ました。一生懸命な中にもクスっと笑える部分も散りばめられているので、楽しんでいただけると思います」と完成に満足げの様子だった。

婚活マスター・結(むすぶ)役の寺脇は「結自体に感情があまり無く、カウンセリングする相手を写す鏡のような役ですね。結とのやり取りから、相手の気持ちが見えてくれれば良いなと思います。また、結のせりふが前向きな考え方に変わるヒントになってくれればうれしいです」と役を演じての感想を口にした。

また観月は、印象に残った婚活に「(2話の)仮面婚活ですね」と男女数人が仮面を付けて行う婚活を上げた。「実際にあるらしいのですが、相手をプロフィールではなく、しゃべったフィーリングで決めるので驚きました。現場の皆さんも仮面を付けて撮影を行ったので、異様な雰囲気でした」と振り返り、「婚活は体力がいるようで、自然なご縁を大切にしたいなと思います」と心境を明かした。

最後に観月は「仕事を辞めずに結婚生活を送れるのかなど、現代の女性が抱える結婚の悩みを描いている部分や利香が参加するさまざまな婚活パーティーの模様を見ていただきたいです。自分にとって結婚とは? 仕事とは? と問い掛けながら楽しんでいただきたいです」とドラマをアピールした。

なお同作の鍵となる「婚活」だが、仮面婚活以外にもフットサル婚活などさまざまな婚活のシーンも見どころの一つとなっている。

土曜ドラマ「ご縁ハンター」
4月13日(土)よりスタート
毎週土曜 夜9:00-10:00
NHK総合で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報