「片やアフリカ、片やスタジオで番組をすることになろうとは…」千原兄弟が世界をまたにかける番組に意気込む!!

芸能人が危険とロマンにあふれる“冒険”の珍道中には、日本人としての生き方のヒントが散りばめられているハズ!!
  • 芸能人が危険とロマンにあふれる“冒険”の珍道中には、日本人としての生き方のヒントが散りばめられているハズ!!

千原ジュニアが司会を務め、'08年から'12年まで計7回放送してきた「世界の村で発見!こんなところに日本人」(ABC・テレビ朝日系)が、4月からゴールデン枠でレギュラー番組として復活する。

同番組は、千原せいじら芸能人が、番組スタッフの助けを一切借りず、世界の極地で暮らす日本人を訪ねるもの。これまで、「マサイ族の村にたった一人で住む日本人女性」、「ヒマラヤ山脈の秘境の村に住むたった一人の日本人女性」など、驚くような世界の奥地で暮らす合計23カ国28人の日本人たちを放送してきた。芸能人たちが過酷なロケで見せる“素”が見られるところも、番組の見どころの一つだ。

また、これまでタフな旅に何度も赴き、現地の人と打ち解けてきた姿が好評だった千原せいじの「アフリカ54ヵ国に暮らす日本人全員に会いに行きます!」企画も始動する。

放送スタートを前に、4月3日、記者会見が行われ、MCの千原ジュニア、レギュラー出演者の千原せいじ、森泉、データマンの大野拓朗氏、番組チーフプロデューサーの西尾理志氏が出席した。

MCのジュニアは、「この番組は僕が担当させていただいている番組の中では珍しく、幅広い年代の視聴者層の方々、特に年配の方によく見てもらえていてうれしいですね。先日も “オマエのお兄ちゃんの旅行が面白い”とよく言われたほど。見どころとしては、大御所の俳優さん、女優さんが過酷なロケで垣間見せる素の表情…スタッフからのサポートがまるでないらしく、道中はいくら重たかろうがかばんも一切持たない(笑)、スタッフがいっさい手を出さないという意味では、本当の素の表情が見られると思います。そこが楽しみですね」と、意気込みと見どころを語った。

せいじは、「ジュニアが言ったように、年配の方がホンマによう見てくださってます。プライベートで食事をしている時でも、年配の方から“セミリタイアして旅行したいねんけど、どこがエエ?”って聞かれるんです。いろんなイメージを持たれてると思いますが、実際にアフリカは素晴らしいし楽しいです。54カ国を巡る中で、本当のアフリカの面白さや魅力を紹介していきたいですね」と、自身が臨む「アフリカ54ヵ国に暮らす日本人に会いに行きます!」企画への意気込みを口にした。

レギュラーパネラーの森は、初回3時間スペシャルの感想から、「3時間全部が面白い番組ってなかなかないと思うのね。この番組は全部がみっちり濃厚な内容だし、ゲストがすごくてその旅には圧倒されるし、“旅の中で自分だったらどうするだろう?”って考えさせられることもあるし、ホント面白い(笑)」と独特の言い回しで番組の魅力をアピールした。

また、アフリカ54カ国を巡るせいじのために、会見中にアフリカに古来より伝わる安全祈願が行われた。民族衣装(上半身は裸)に着替えたせいじに、ナイジェリアEDO族出身のラッキー・シーウエさんが「エェェェェ~~ムンムンムン……」と唱えつつ、せいじの頭上で粉を噴くなどの祈願を行った。

最初は神妙な面持ちで安全祈願の儀式を受けていたせいじは「これ、ホンマにちゃんとした祈願なんやろな!」とやがて疑いの表情に。それでも最後は自身の安全祈願を祈っていたが、お風呂に入らない方がいいという説明を受けると、せいじは「イヤや! 風呂入る入る」と完全拒否。ジュニアから「アフリカに安全に行ってもらわなアカンから、風呂入るなや」と促される一幕も。

さらに、千原兄弟の2人に対し、“お互いへ注文すること”を聞かれると、ジュニアは「制作費を考えるとせいじさんにはアフリカに行きっぱなしで大丈夫かと。スタジオにおられてもたいした話ないですし…」と発言。そのコメントに対しせいじは「アホか! 俺は、ひっぱりだこやねん。劇場にも出なアカンねん!」と反論。続けて、番組に対して「リアルなアフリカの姿が相当カットされてるので、VTRの尺をもうちょっと取ってください」と切実なお願いをしていた。

「23年前にせいじから“お笑いやろう”って言われた時、まさか23年後に片やアフリカ、片やスタジオで番組をすることになろうとは…」(ジュニア)、「ホンマやな」(せいじ)と兄弟で感慨深くうなずき合う一面も見せた今回の記者会見。あうんの呼吸で展開していく千原兄弟のスタジオトークもまた、見どころの一つとなりそうだ。

「世界の村で発見!こんなところに日本人」
4月5日(金)スタート
毎週金曜 夜9:00-9:54
ABC・テレビ朝日系で放送
※初回は夜7:00-9:48

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報