「クローズ」新メンバーが発表!大抜擢の東出昌大が学ラン姿で「やるしかない!」と熱い意気込み

『クローズ』最新作の主演に『桐島』の東出昌大が大抜擢!
  • 『クローズ』最新作の主演に『桐島』の東出昌大が大抜擢!

不良漫画の金字塔「クローズ」シリーズの最新映画化作品『クローズEXPLODE(エクスプロード)』(2014年公開)の製作発表が4月4日、タブロイドギャラリーで開催。主演の東出昌大、早乙女太一、勝地涼、岩田剛典、ELLY、KENZO、やべきょうすけ、永山絢斗、柳楽優弥、山本又一朗プロデューサー、豊田利晃監督が登壇した。

原作は累計発行部数4500万部を超える高橋ヒロシの人気コミックだ。三池祟史監督、小栗旬主演による映画化第一弾『クローズZERO』(07)は一大“ワルメンブーム”を巻き起こし、興行収入25億円の大ヒット。続編『クローズZERO II』(09)も興行収入30億円という前作を超える成績を記録している。最新作の舞台となるのは、『クローズZERO II』から1ヶ月後。新年度を迎えた鈴蘭高校で、空席になった“頂点”の座をめぐって抗争が巻き起こる。

今回は監督、メインキャスト陣が一新された。山本プロデューサーは「今回のキャストは、生き様が強い、気合の入っている連中ばかり。この“カラス”たちに出会えたことで、最新作を作ろうと思った」と製作の経緯を明かし、「3、4と、このメンバーで2本作りたいと思っている」と意気込んだ。そんななか主演に抜擢されたのは、『桐島、部活やめるってよ』(12)で日本アカデミー新人俳優賞を受賞した東出だ。学ランに身を包んで登場した東出は「ええ!?オレ!?と思ったけれど、『やるしかない!』と挑んだ」と告白。「さらにプレッシャーがなかったと言えば嘘になる。でも豊田監督にお会いして、惚れこんだ。とにかく監督についていこうと思って、撮影を乗り切りました」と大役を演じきった思いを明かしてくれた。

生まれながらの暴力エリート・加賀美役を演じる早乙女は「男だらけの現場は刺激もあって、楽しかった」、アウトサイダーの藤原役を演じる永山も「ここ数年間の煮え切らない思いをぶちまけた」とワルたちの集う現場を充分に楽しんだ様子だ。また勝地は小栗旬と親交が深いそうで、「(小栗くんに)漫画を借りに行った。色々質問をしたら、『漫画にヒントが落ちているんじゃない?』と言われた」と、シリーズの先輩からのアドバイスがあったという。

メガホンを取るのは、『青い春』(01)など、男たちのヒリヒリとした青春劇を手がけてきた豊田利晃監督だ。豊田監督は「前作が牛丼とすれば、今度はすき焼きだと思ってもらえれば」とコメント、メンバーからも笑いが巻き起こった。シリーズを通して出演するやべは「監督は演じる役者の思いを汲んでくれる人。いつもじっと待って、耐えてくれた。みんなもやりやすいながら、役に責任感を持てたと思う。悩んだり、不安になったら、監督に聞きにいきなさいとアドバイスしていた」と豊田監督への並々ならぬ信頼感を話していた。

多くの若手俳優を輩出してきた本シリーズ。豊田監督のもと、東出ら新たな“カラス”たちがいかに暴れてくれるのか。そしていかに羽ばたいていくのか、今から大いに楽しみだ。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報