『ワールド・ウォー Z』日本公開は8月10日に決定!

公開された場面写真には国連職員のジェリー(ブラッド・ピット)と家族の姿が
  • 公開された場面写真には国連職員のジェリー(ブラッド・ピット)と家族の姿が

『007 慰めの報酬』(08)のマーク・フォースター監督がブラッド・ピット主演で、マックス・ブルックスのベストセラー小説を映画化した『ワールド・ウォー Z』(全米6月21日公開)。本作の日本公開日が8月10日(土)に決まり、新たなインターナショナルトレーラーと場面写真が公開された。

今回公開された同トレーラーでは、猛スピードで感染が進み、混乱を極める世界各地の様子の他、謎のウイルス感染の恐ろしさを物語るシーンが初公開されている。安全かと思われた、遥か上空の飛行機内でもウイルスの感染は進行し、パニックとなった機内で乗客が次々と外へ吸い出される衝撃的な展開だ。

映画化の際、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットで権利獲得が競われた本作。某国僻地で発生した謎のウィルスが爆発的に全世界へと拡大し、人類を滅亡へと追い込む様子を、家族と世界を救うために奔走する国連職員ジェリー(ブラッド・ピット)の視点でストーリーが展開していく。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報