春の「ご馳走おにぎり」がデパ地下に続々登場中

魚沼倶楽部の桜赤飯¥210ほか
  • 魚沼倶楽部の桜赤飯¥210ほか

お花見シーズンを前に、デパ地下のおにぎり専門店では、春素材やこだわり素材を使った“ちょっと豪華な”おにぎりが続々登場している。

「魚沼倶楽部」では4月下旬まで、桜の花と葉をあしらった「桜赤飯」210円を販売。桜もちのような春らしい見た目で、お花見にもぴったりの一品だ。このほか同店で人気なのが、煮タマゴがまるごと1個入った「煮玉子おむすび」262円。ひとつでお腹いっぱいになるくらいボリューム満点!

「穂庄」では、タケノコや桜など春の素材を使ったおにぎりの3つセット「春満開セット」504円が期間限定で登場(〜4/7火)。それぞれ異なる3種の味を食べ比べられるのがうれしい。ちょっと変わったおにぎりを食べたい人には「やまいも」168円もおすすめ!さっぱりしていて栄養たっぷりだ。

また「俵大名」では、駿河産天日干しサクラエビを使用した「桜えび」263円を販売(〜3/31火)。このほかにも、イクラがたっぷり入った「いくら醤油漬け」252円や茨城県久慈浜産しらすを使った「かま揚げしらす」231円、越後味噌を使った「ふきのとう味噌」189円など、こだわり素材を贅沢に使ったおにぎりが豊富だ。

「おむすび権米衛」の期間限定商品「桜とかれいのおむすび」(3/21土〜4月上旬)180円は、桜の花びらとかれいの塩味が絶妙な上品な味わいのおにぎり。同じく3/21土〜4月上旬限定で、桜と白味噌のおむすび120円も登場する。

お米・ノリ・塩はもちろん、旬の具材にもこだわった「ご馳走おにぎり」。今年のお花見のお供はどれにする?【千葉ウォーカー編集部】

■魚沼倶楽部 伊勢丹松戸店 047・364・1111(代)
■穂庄 柏高島屋04・7144・1111(代)
■俵大名 そごう千葉店 043・245・2111(代)
■おむすび権米衛 イクスピアリ店 047・305・2525(代)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報