「ダブルス~二人の刑事」“いぶし銀ダブルス”のお茶目なPRスポットが完成!

日本を代表する演技派俳優・平泉成と橋爪功がひと肌脱いだ(写真左から)
  • 日本を代表する演技派俳優・平泉成と橋爪功がひと肌脱いだ(写真左から)

4月18日(木)スタートの伊藤英明・坂口憲二W主演ドラマ「ダブルス~二人の刑事」(テレビ朝日系)の魅力を伝えるための、趣向をこらしたPRスポットが完成した。橋爪功、平泉成というベテラン刑事コンビが、伊藤・坂口コンビのPRスポットをさりなげくまねしたお茶目なものになっている。同局の中込卓也プロデューサーは「あんな大俳優二人にこんなことさせてしまっていいのか一週間くらい悩みました」と苦笑しつつ、仕上がりに自信をのぞかせた。

“本家”である伊藤と坂口によるティザー映像は、2月前半に撮影。前クールの木曜ドラマ「おトメさん」の第8話(3月7日)と最終回(3月14日)のオンエア後に流れ、好評を博した。今作の「ダブルス」というタイトルには、山下(伊藤)・田代(坂口)の他に涼子(夏菜)・亜紀(内田)、前川(橋爪)・笠井(平泉)のダブルスも存在している、という意味が込められている。それもあって、中込氏の「伊藤さん、坂口さんでやったことを橋爪さんと平泉さんでもやれないか?」という熱い情熱から、お茶目なPRスポット構想が持ち上がった。

しかし、それには同じセットを組まなければならないし、そのためにあらためて俳優に時間を割いてもらわなければならないという課題もあり、実現には大きな困難が…。中込氏も半ば諦めかけていたが思い切って橋爪と平泉に相談。すると二人は二つ返事で「面白いからやろう!」と即答。常廣丈太監督や制作スタッフの協力も得て、撮影の日を迎えることに。

現場では二人ともアドリブを含めて「こうやった方がいいんじゃないか?」などと、アイデアを出し合うなど、日々の撮影で疲れているにもかかわらず終始ノリノリ。PRスポットとしては異例とも言えるベテラン俳優二人の出演が、むしろ若者たちにドラマの面白さを伝えられる要因になりそう。骨太のドラマPRをお茶目に演出するためのアドリブや、アイデアが続出したおかげで、本物のダブルスに負けず劣らずの仕上がりとなった。あらためて今回の試みについて、中込氏は「このお二人がPRスポットに出演してくれて感謝感激です。ダメ元で話してみたら乗っていただけたので、いいものを作るしかないなと思ってやりました! ぜひご覧ください!」と満面の笑みでアピールした。

橋爪・平泉のPRスポットは本日4月13日より番組公式サイトやYoutubeにて公開。伊藤・坂口の“最強”バージョンと見比べてみると、橋爪・平泉の“年の功”バージョンの動きの滑稽さが分かる。来週のスタートが待ちきれない人は、チェックしてみよう。

「ダブルス~二人の刑事」
4月18日(木)スタート
毎週木曜 夜9:00-9:54(初回は10:09まで)
テレビ朝日系で放送
※PRスポットは番組公式サイトとYoutubeにて公開中
http://www.youtube.com/watch?v=YyLgWJdNQaM

キーワード

[PR] おすすめ情報