映画『ROOKIES』イベントで市原隼人らが一発芸!?を披露

「卒業するのがさみしい」と言っていた市原隼人らニコガク・メンバーたち
  • 「卒業するのがさみしい」と言っていた市原隼人らニコガク・メンバーたち

大人気テレビドラマ「ROOKIES」の映画化作品『ROOKIES 卒業』(5/30公開)の前売り券発売イベントが3/8に六本木ヒルズアリーナで開催された。

約5万通もの応募者から選ばれたラッキーなファン1000人の前に、市原隼人ら“ニコガク(二子玉川学園)”野球部のメンバー9人が登壇し、それぞれファン大興奮の一発芸!?を披露。メンバーそれぞれの“必殺の芸”に、会場は大いに盛り上がった。

まず一人目はやっぱり市原隼人! 自身が演じる安仁屋役の名セリフ「あったりめ〜だ、バカァ!」を披露し、大声援を浴びた。その後、城田優がニコガク・メンバーのモノマネを。さらに、ドラマ「メイちゃんの執事」でも人気の佐藤健は、WBCで活躍するイチローばりの背面キャッチを見事に成功! 場内は一層の盛り上がりを見せた。

この一発芸、実は公式サイトで募集した「ニコガク・メンバーにコレをやって欲しい!」というファンたちのリクエストに応えたもの。なかには「筋肉美を生で見たい!」という声を受けた中尾明慶が、寒空の中ユニフォームを脱ぎ、ムキムキの胸板を見せるシーンも。

また、おもしろかったのは高岡蒼甫。先日の歌番組出演の際、歌がグダグダだったとファンに痛い指摘をされ、リベンジとばかりにドラマの主題歌「キセキ」を披露することに。「もうこんなこと最後っすよ!」と、大いに照れながら歌い始めると、ニコガク・メンバーが彼を助けるかのように肩を組んで歌に参加、サビに入るころには、場内のファンも一体となり、「キセキ」の大合唱が沸き起こった。

最後は市原隼人が「本当にみんな真っ直ぐで、たまにぶつかりながら、でも、一緒に笑い合えるメンバーでした。みんながこいつに負けたくない、あいつに負けたくないという相乗効果で、すごい良いチームワークができて、会話がなくても、キャッチボールで会話ができた。ドラマよりヤバイっす! ぜひ観てください」と締めくくり、大興奮のイベントは幕を閉じた。

ドラマの続編となる映画版は、高校3年生となった野球部メンバーが、最後の甲子園を目指す姿と、卒業までが描かれる、映画ならではのオリジナル・ストーリー。彼らの友情が反映された映画が、今から楽しみだ。【成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報