鼠先輩、PV撮影でジャッキー・チェンに変身!?

第2弾のテーマは、ズバリ“魅惑のチャイナ歌謡”
  • 第2弾のテーマは、ズバリ“魅惑のチャイナ歌謡”

“ぽっぽ〜”とぽを連呼し、話題を呼んだデビューシングル「六本木〜GIROPPON〜」がCDセールス5万枚、着うた/フル合わせて55万DL突破といきなり大ブレイクを果たした鼠先輩。彼が2ndシングルとなる「おいた」を9/3(水)に発売することが決定した。今作のテーマは、ズバリ“魅惑のチャイナ歌謡”。この曲は80年代頃のジャッキー・チェンらカンフースターが出演していた香港映画のエンディングを彷彿とさせる躍動的とユーモアたっぷりな仕上がりで、デビューシングルで築いた先輩のイメージをいきなり覆す(!?)新たなインパクト曲となっている。

歌詞自体は日本語であるものの、曲を聴く限り日本語で歌っているのか中国語なのかまったく分からないという、この幻聴的な部分も前作の“ぽっぽ〜”に続き話題をさらいそうだ。

ちなみにジャケット写真&PV撮影は本場マカオで決行!! PVではジャッキー・チェン映画でお馴染みのエンドロールNG集の様な作りになっており、鼠先輩の熱演&爆笑必至のコミカル映像にも要注目だ。

また、この勢いに乗ってJTB主催「鼠先輩と行くアジア最大の繁華街“マカオでぽっぽ2泊3日”」と名づけられたファンツアーの開催も決定! 日程は9/26(金)〜9/28(日)で参加者は先着50名限定。このツアーでは鼠先輩自らがツアーアテンドを行ったり、シークレットライブを行ったりと鼠先輩の世界を満喫できる豪華な内容を用意しているとのこと。ツアー詳細はJTBサイトでチェックしてほしい。人気大沸騰中とはいえ、一発屋かと懸念されていたが、今後も掟破りの歌と笑いの渦へ世間を巻き込んでいくことは間違いなさそうだ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報