QUEENファンお待たせしました! 13年振りとなる最新作がついにリリース!!

QUEENファンならずとも必見!
  • QUEENファンならずとも必見!

待ちに待ったロック・レジェンドQUEENが「メイド・イン・ヘヴン」以来、13年振りとなる最新作「ザ・コスモス・ロックス」を9月にリリースすることが決定した。アルバムはスタンダードCD、QUEEN+ポール・ロジャースの日本ツアー“スーパー・ライブ”において'05年10/27にさいたまスーパー・アリーナで収録された15曲のハイライト・パフォーマンスを収録したボーナスCDつきのデラックス・パッケージ、そして2つ折アナログ盤という、3つのフォーマットで発売される。UK盤は9/15(月)に、US盤は10/14(火)に、日本盤は9/26(金)にそれぞれ発売される予定だ。

「ザ・コスモス・ロックス」は'07年11月から'08年8月にかけて、テイラーが所有するスタジオ、ザ・プライオリーにおいてレコーディングおよびミックスが行われた。今回のアルバムは'05年に初めてQUEEN +ポール・ロジャースとしてツアーを行って以来、彼らにとっては初めての新録アルバムであり、QUEENとしては1995年以来、13年ぶりのスタジオ・アルバムとなる。

セッションに関してメンバーのブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ポール・ロジャースの3人は次のように語っている。

「僕らはスタジオに入って、毎日演奏した。ありとあらゆることが起こった。それは僕らの間で起きた化学反応のようなものだった。素晴らしい、オーガニックな音楽が生まれた」

「内容は盛りだくさんだ。ギター・オーケストラもふんだんに取り入れられているし、昔の僕らのトレードマークも登場する。だが最も重要なのは、僕ら3人の演奏が聞けるってことなんだ。スタジオに入って実際にみんなで揃って演奏するってのは、最近じゃなかなかないことだけど、ニュー・アルバムではそんな音が聞けるよ」

「まだ“アルバム”って呼び方をしてるのかな? それさえもわからない。だがこれは本当に、昔からの意味での“アルバム”さ。かけて聴いていると、いつの間にか旅をしているような気分になる。そこで歌われている内容とかムードはかなり広範囲だけど、聴く人たちにとっては、約一時間を使い、浸り、つながりを持ち、そして何か新しいことを経験できるだけの手応えを感じさせるものなんだ」

「最近はこんなことを考える人もほとんどいないかもしれないけど、たいていのCDは単に曲を集めただけのもので、いくつかの違ったチームがプロデュースしたり、曲順もどうせiPodsでシャッフルして聴くだろうってことで適当に並べたものが多いような気がするんだ。もちろんその選択もあって当然だけどね! でも僕らの先生はビートルズであり、ヘンドリックスであり、ブルース&ソウルだった。つまり、それが今回の僕らの意図なんだ」

「ザ・コスモス・ロックス」に合わせて、QUEEN +ポール・ロジャースは、9月中旬より33日間におよぶヨーロッパおよび北ユーラシア・ツアーを開始する。ツアーは10/10(金)に英国に戻り、ロンドン02での2日間の公演と、最終公演である11/8(土)のウエンブリー・アリーナを含む11日間の公演をおこなう予定。

カリスマ・ヴォーカリスト、ポール・ロジャースを迎えQUEENの新たなる挑戦がはじまる!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報