キャサリン妃、出産予定日は7月13日!

第一子の出産がいよいよ!
  • 第一子の出産がいよいよ!

キャサリン妃とウォリアム王子の間に誕生する第一子の出産時期は、かねてから7月半ばと報じられていたが、正式に7月13日の土曜日が出産予定日であることがわかった、と報じられている。

日曜版英メール紙によれば、「最近、ロイヤルファミリー主催のバーベキューパーティに招待されたのですが、彼らは7月13日が出産予定日だと話していました。とても喜んでいます」と、ふたりの友人が語ったという。

2013年は、ジョージ6世亡き後にエリザベス女王2世が即位した1953年6月2日から60年の節目の年に当たるため、60周年記念となる戴冠式が7月11日(木)から14日(日)まで執り行われるが、残念ながらこの時期と重なってしまい、「残念ながらキャサリン妃は確実に欠席することになる」という。

キャサリン妃の御懐妊が発表された際には、出産日は故ダイアナ妃の誕生日である7月1日(月)が濃厚と言われてきた。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報