アクションシーンはほぼスタントなし!成宮寛貴&水嶋ヒロが不良映画に初挑戦!

ハードな撮影を乗り越え、すっかり仲良しの2人
  • ハードな撮影を乗り越え、すっかり仲良しの2人

 人気お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシが、ケンカ三昧な不良中学生の青春をつづった自伝的小説を、自ら監督&脚本を手がけて映画化した「ドロップ」。そんな渾身の一作で、品川監督の分身であるお調子者の主人公・ヒロシと、彼のあこがれで不良のカリスマ的存在の達也をそれぞれ演じた成宮寛貴と水嶋ヒロに直撃インタビューを敢行した!

──お2人は今回が初共演なんですよね。お互いの第一印象は覚えてらっしゃいますか?

成宮「ヒロ君は見てのとおり“ほんとにカッコいいなぁ・まさに芸能人になるべくしてなった人だなぁ”と思いましたね(笑)。だけど、撮影を通じて仲良くなるうちに、外見以上に中身がしっかりしているなぁと。自分の意見はきちんと言えるし、すごく賢いしスポーツもできる。普通の人ならダメなところも、ヒロ君はいいところに変えちゃうんです。だから、ダメなところを探すのがむずかしい(笑)」

水嶋「ホントですか(笑)? 逆に、僕は成宮君のことをずっとテレビや雑誌で見ていたあこがれの人だったので“怖い人だったらどうしよう…”って不安でしたね」

──水嶋さん自身は、ヒロシが達也を見るようなあこがれの気持ちを成宮さんに抱いていたんですね。

水嶋「そうです。僕は撮影初日から長回しで成宮君との掛け合いのシーンだったので、すごく緊張していたんですけど、成宮君が僕をリードしてくれて…今やいい兄貴です!」

成宮「初日からコンビネーションを試される、かなりハードルの高いシーンだったよね。僕もヒロ君の言うセリフに対して、絶妙なタイミングでツッコミを入れなきゃいけなかったし、それが長回しでの撮影になってくると息を合わせるのが、さらにむずかしくて」

水嶋「お互いのことをまだよく知らないから、探り合う部分もあったけど、スムーズにシーンの撮影が終わって、知らないうちに2人で抱き合いましたもんね(笑)。それがきっかけで“これから一緒に頑張っていこう”って、緊張が一気に解けたんです」

──“初めて”といえば、お2人とも本格的な不良映画も初挑戦ですよね。自身の役柄に対して、どのようにアプローチされましたか?

成宮「ヒロシは不良たちと絡んでいくうちに、いろんなことに巻き込まれていく役なので、脚本に書かれていない役の感情を現場で感じながら演じることを心がけました。あとは品川(ヒロシ)監督の表情をDVDを観て、研究したり。それに現場にずっといてくれたので、すごく助けられました。品川さんが監督じゃなかったら、まったく違う作品になっていたんじゃないかと思います」

水嶋「僕は不良のイメージを実際につかめていなかったので、成宮君とは逆に、金髪にするとか振る舞いという見た目から役に入っていったんです。そうすることで、ヒロシとは対照的に達也の強さを出せるんじゃなかなと思って」

──アクションシーンも、ほとんどスタントなしで演じられているんですよね。

水嶋「そうです。撮影中は生傷が絶えなかったですね(笑)」

成宮「それに衣装は冬服だけど、撮影は夏だったんです。それぞれが別の仕事と掛け持ちしながらのハードスケジュールだったのでさらに大変で、アクションシーンの前は栄養ドリンクを飲んでました。ヒロ君とか真夏なのにボアを着てたしね(笑)。そういう時は罰ゲーム付きで“暑いと言っちゃいけないゲーム”をして、みんなで遊んだり(笑)」

──夏ならではの過酷な撮影だったんですね。

成宮「そうですね。あとは“虫”もたくさんいて…。(達也の右腕的存在・森木役の)波岡(一喜)君がずっと“虫がいる”って言いながら、自分のリーゼントを棒でつつていたら、本当に髪の中から虫が出てきたり(笑)」

水嶋「僕らは“すごく小さな虫だろうな”って思っていたら、カブトムシくらい大きくてびっくりしましたよね(笑)」

成宮「うん。でもそうやって“楽しまなきゃやってられない!”みたいな気持ちで、過酷な状況を楽しんで乗り越えられたんです」

「ドロップ」
監督・原作・脚本:品川ヒロシ
出演:成宮寛貴 水嶋ヒロ 本仮屋ユイカ 上地雄輔 中越典子 波岡一喜 若月 徹 綾部祐二 増田修一朗 住谷正樹 宮川大輔ほか('09角川映画)
上映時間:122分・PG-12
※3/20(金・祝)より梅田ブルク7ほかにて全国ロードショー

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報