満開!「桜スイーツ」で春を先取り!

新宿高野「さくらオデュール」¥1890
  • 新宿高野「さくらオデュール」¥1890

桜の開花が待ち遠しいこの時期、デパ地下には桜を使った華やかな「桜スイーツ」が勢ぞろいし、美しい見た目とやさしい味わいで人気を呼んでいる。

新宿高野の「さくらオデュール」(1本1890円、〜3月下旬)は、桜風味のジョコンドと抹茶風味のビスキュイで白ゴマクリームとレアチーズをサンドし、表面を桜ソースでコーティングしたケーキ。何層にも重なる繊細な味のハーモニーが堪能できる。同じくさまざまな味が楽しめるのは、樹杏の「桜のケーキ」(420円、3/18水〜31火)。桜のマカロンの上にイチゴチョコを吹きつけ、桜のムースを飾りつけ。ムースの中には甘酸っぱいチェリーも入った贅沢な一品だ。樹杏と同じく地元の人気店である「ミレー」が作った「春うらら」(1890円、〜3/24火)は、桜のクリームにイチゴをサンドしたデコレーションケーキ。塩漬けの桜葉がアクセントになっている。

定番人気のロールケーキにも桜味が登場。赤坂トップスの「和風ロール さくら」(1050円、〜3/29日)は桜のクリームをしっとりした生地で巻いたロールケーキ。ほんのり桜の香りが楽しめる。船橋東武の銀座マキシム・ド・パリでは、船橋東武オリジナルの「サクラのロールケーキ」を販売(1890円、〜3/25水)。桜をモチーフにしたチョコが飾り付けられたかわいらしい見た目で、贈り物にしても喜ばれそう。同じく船橋東武オリジナルで登場するのが、ヨックモックの「桜のミルクレープ」(336円、ホール945円、〜4月中旬)。桜クリームとソフトな生地の相性がバツグンだ。

お花見に持って行きたい、手軽に食べられるスイーツも充実。新宿高野の「桜マドレーヌ」(210円)や六本木クローバーの「さくらシュー」(294円、3/24火〜31火)、モロゾフの「さくらのレアチーズケーキ ミニ」(210円、3/18水〜31火)など、ワンハンドで食べられるものがオススメだ。

色とりどりの「桜スイーツ」で、一足早く“お花見気分”を満喫しちゃおう!【千葉ウォーカー編集部】

■新宿高野 そごう千葉店(043・245・2111)■樹杏、モロゾフ 柏高島屋(04・7144・1111)
■ミレー 流山おおたかの森S・C(04・7144・5111)
■赤坂トップス、銀座マキシム・ド・パリ、ヨックモック 東武百貨店船橋店(047・425・2211)
■六本木クローバー 伊勢丹松戸店(047・364・1111)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報