映画界のドンがデビッド・ベッカムにラブコール!

俳優業に転身!?
  • 俳優業に転身!?

サッカー界からの引退を表明したデビッド・ベッカムは、今後のキャリアについて、各業界から熱い視線を注がれているが、なかでもアカデミー俳優や作品を数多く輩出している映画界のドンことワインスタインカンパニーの経営者ハーヴェイ・ワインスタインが、デビッドにラブコールを送っている。

人気シェフで親友のゴードン・ラムゼイとロンドンでレストラン経営に乗り出すという噂を否定したデビッドは、妻ビクトリアの専門分野であるファッション業界に進出すると言われているが、かねてから俳優業にも興味を示しており、俳優としてのキャリアも期待されている。

それについて、ハーヴェイが「デビッドが望むことは、全て叶うと思うよ。私からのアドバイスなんかなくたって、映画スターにもなれる。長年、彼を知っていて、彼とは数回しか会ったことはないけれど、会う度に彼の才能には驚かされるんだ。テレビや映画の世界でも十分成功できる才能がある。『スペース・ジャム』(96)に出演したマイケル・ジョーダンみたいにね」とザ・サン紙でデビットをベタぼめしている。

また、親友のトム・クルーズが、映画スターへの道を後押しする約束をしているとも報じられているが、「デビッドは以前からアクションスターに憧れていて、トムもデビッドがスターになれると確信しているようです。デビッドはまだサッカーを愛してますが、今ならまだ一流の作品で主役を張ることもできます。転身する良いチャンスでしょう」と別の関係者が語っており、俳優デビューは時間の問題なのかもしれない。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報