アンジー、21日間で10キロ減の過激役作り

痩せすぎが心配されているアンジェリーナ・ジュリーが、新作の役作りのために、たった21日間で体重を約10キロも落とそうとしていると報じられている。

「Salt」でアンジーが演じるCIA暗殺者は、男性にも変装するため、「女らしい曲線美をもつアンジェリーナは、今のままで男性を演じるのは無理だと感じたようで、曲線を減らすために、2007年にハリウッドではやったマーサズ・ビニャード・デトックス・ダイエットを始めた」そう。

またグラッチア誌に関係者が、「2時間おきに飲み物だけで体内をきれいにするもので、アカデミー賞の3日前からダイエットをはじめ、既に約4キロ減量したようです。固形物は一切口にしてはいけないのですが、体力が弱ってきたので、今は少しだけ固形物も口にしています」と語っている。

しかしブラッド・ピットの友人の話では、「彼はこのダイエットに猛反対で、『そこまでする必要はないし、あまりに危険だ。辞めないなら出て行く』とアンジェリーナと激しい口論になり、結局ロングアイランドに借りている家を出て行ってしまった」らしい。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報