櫻井翔の生毒舌に、ファン絶叫!

舞台あいさつのもよう
  • 舞台あいさつのもよう

8月3日(土)公開の「映画 謎解きはディナーのあとで」の完成披露試写会が、7月17日、都内で行われ、舞台あいさつに出演者の櫻井翔、北川景子、椎名桔平、中村雅俊、桜庭ななみ、大倉孝二、竹中直人と土方政人監督が登壇。

同作品は、'11年の連続ドラマ(フジテレビ系)、'13年のスペシャルドラマを経て、映画化となった話題作。北川景子演じる宝生家のお嬢様で刑事の宝生麗子と櫻井翔演じる宝生家の執事・影山が、休暇中のクルーズで発生した殺人事件の謎に挑戦するというストーリー。

登場した出演者たちが「これから楽しんでいただけたらありがたき幸せでございます」(櫻井)、「皆さん、ごきげんよう」(北川)、「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ、ハイっ!」(椎名)とお馴染みのキャラクターの口ぐせであいさつすると、割れんばかりの大歓声が上がった。

そんな中、櫻井は同シリーズについて「連続ドラマをやる時には、まさかこの大きな舞台にたどり着けるとは想像しておりませんでしたし、いろんなかたちで新しい世界観を楽しんでいただけるので、可能性の大きさを感じています」とあいさつ。

一方、北川は「ずっと応援してくださったファンの皆さんのおかげで、この映画がシリーズ4作品目で集大成です。わたしたちも『もっといいものを!』と思って作ってきたので、ずっと応援してくださったファンの皆さんが一番満足していただけるのがこの映画なんじゃないかと思います」と自信をのぞかせた。

また、同作品がシリーズ初参加の中村は「(櫻井、北川、椎名の)三人のチームワークが良すぎて、居心地がよかった。櫻井くんは『さすがだな』というくらいドカッとしていて、年も違うんですが“櫻井さま”と呼びたくなるくらいしっかりした青年です」と話し、会場を沸かせた。そんな中村に対し、櫻井は「最初は、(今回、初参加の出演者を)お迎えする気持ちだったんですが、別の仕事に行って、帰ってくるとみんな仲良くなってて、入りづらかったですよ(笑)」と返し、笑いを誘っていた。

最後に「まるで遊園地のアトラクションを楽しんでいるような、わくわくして、キラキラして、スピード感のある“謎解き”になりましたので、二時間楽しんでください」とアピールし、影山のお馴染み毒舌で「失礼ながらお客様。この映画をご覧にならないと、お客様の目は節穴でございますか?」と生毒舌を披露し、会場を熱狂させていた。

「映画 謎解きはディナーのあとで」
8月3日(土)公開

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報