フジロック美女のフェスファッション。2013年もショートパンツが圧倒的!

海外フェスでも注目の花かんむりのヘッドアクセが可愛いゆーこさん
  • 海外フェスでも注目の花かんむりのヘッドアクセが可愛いゆーこさん

日本最大級の野外音楽フェスティバル「フジロックフェスティバル'13」が7月26~28日、新潟県湯沢町・苗場スキー場で開催された。7月25日の前夜祭を含むと延べ11万1000人が訪れ、ビョーク、ナイン・インチ・ネイルズなど、100組を超えるアーティストのライブをそれぞれ楽しんだ。

今後続々と開催される夏フェスを前に、気になるのは会場に来ていたフジロック美女たちのフェスファッション。2012年の快晴とはうって変わり、ゲリラ的な雷雨など不安定な天候だったが、トレンドを取り入れたショートパンツやワンピースのスタイルが2013年も人気。

まずは、大阪出身のゆーこさん。近年、フェスファッションの定番になってきている花のヘアアクセだが、今年の海外フェスでよく見られる花かんむりを上手に取り入れ、デニムのショートパンツスタイルでキュートにキメていた。

シックなカラーながら、スタイル抜群で目立っていたのが、東京出身のドラミちゃんさん。悪天候も気にせず「涼しくて、濡れても良いワンピース」を選んだとか。ショート丈のレインブーツやサングラスなど、小物使いが大人格好良い美女だった。

また、沖縄出身のファンタジスタ小林さんは、今年流行のストライプのサルエルパンツを着こなし、花柄のキャップを合わせた大胆なスタイル。グラミー賞を席巻したマムフォード・アンド・サンズに合わせて気分も上々。今にも踊り出しそうにスナップ撮影に応じてくれた。

名古屋出身のスミティさんと岐阜出身のさちさんは、出身は違えど、フェス繋がりのグループで出会ったという仲良し2人組。スミティさんはファッションも普段は暗めというが、フェスならではの派手なワンピースにシンプルなレインウェアを合わせ、逆に、さちさんは大柄のレインウェアにシンプルなワンピースで、それぞれの個性が出ていた。

悪天候の場合は重装備になりがちのフジロックだが、今年は着脱しやすいレインポンチョのスタイルが増えていたというのもあってか、雨が止むとレインウエアを脱いだ、それぞれのお洒落がチェックできたという印象だ。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO」「SUMMERSONIC 2013」も、もう間もなくだが、フジロック美女のスタイルを参考に、レインポンチョを携え、お洒落してでかけてみては!【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報