『告白』以来となる中島哲也監督の新作『渇き。』が2014年夏公開決定!

主演は『パコと魔法の絵本』(08)以来の中島作品出演となる役所広司
  • 主演は『パコと魔法の絵本』(08)以来の中島作品出演となる役所広司

第34回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞など4部門に輝いたほか、大きな話題を呼んだ『告白』(10)。数々のCMや映画作品だけでなく、AKB48の「Beginner」のPVを手がけるなど注目を浴びるクリエイター・中島哲也の『告白』以来の映画監督作となる最新作『渇き。』が2014年夏に公開されることになった。

原作は「第3回このミステリーがすごい!大賞」に輝いた深町秋生のデビュー作「果てしなき渇き」。突如失踪した優等生の娘を、元刑事の父親が捜索するのだが、その過程で娘の知られざる部分が少しずつ明らかになっていくというミステリーだ。この原作を、中島監督自ら脚色に参加し、原作ファンも驚愕するような作品へと昇華させている。

『告白』の松たか子、『嫌われ松子の一生』(06)の中谷美紀など、これまでの中島作品では日本映画界を代表する俳優たちが強烈なキャラクターが演じてきたが、本作でもベテランから新鋭まで注目のキャストが集結している。元刑事の藤島昭和役には『パコと魔法の絵本』(08)以来のタッグ結成となる役所広司。ファンタジーの前作とは異なり、「孤独から抜け出す為に、壊れてしまった家庭を再生しようと、もがけばもがく程、何もかもが壊れていく。そんな愚かで、孤独な男の虚しさを懸命に演じたいと思っています」と久しぶりの監督との仕事に緊張しているという。

そんな藤島の失踪した娘・加奈子を演じるのは、本作が映画デビューとなる小松菜奈。08年からモデルとして活動し、RADWIMPSの「君と羊と青」や椎名林檎の「自由へ道連れ」などPVにも出演している。「映画も初めてで演技も全然した事がないので、ちゃんと加奈子を演じられるかとか不安しかありませんが、私にしかできない加奈子を演じたいです」と不安交じりに語るものの、中島監督は「小松菜奈さんとの劇的な出会いが、僕にこの物語の映画化を決意させました」と絶賛するほど。8月5日より放送中のスマートフォン向け定額制動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV」の新CMでもタッグを組んでいる2人だが、スクリーンではこの新進女優がどのように花開くのか、期待は高まるばかりだ。

2人以外にも、藤島の元部下の刑事に妻夫木聡、同じく刑事役をオダギリジョー。ヒロインと同じ中学校に通う不良少女を二階堂ふみ、高校の友人を橋本愛、中学時代の担任教師を中谷美紀が演じるなど、中島監督作ではおなじみのキャストが一堂に会する。準備稿のシナリオを読んで「完成したらどうなるんだ?」と原作者の深町秋生が語るなど、誰も想像できない驚愕のストーリーの完成が待ち遠しい。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報