キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウが新作で深い仲に?

『アイアンマン』シリーズ、『アベンジャーズ』に引き続きブラック・ウィドウ役を演じるスカーレット・ヨハンソン
  • 『アイアンマン』シリーズ、『アベンジャーズ』に引き続きブラック・ウィドウ役を演じるスカーレット・ヨハンソン

新作『キャプテン・アメリカ ザ・ウィンター・ソルジャー(原題)』(2014年5月日本公開)でのキャプテン・アメリカとブラック・ウィドウの関係については、以前から何度かメディアに取り上げられてきたが、ふたりが「より深い関係」になるという意味深な発言がスカーレット・ヨハンソンの口から飛び出した。

キャプテン・アメリカ役を演じているクリス・エヴァンスと、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンは、昨年公開された『アベンジャーズ』(12)に続いての共演になるが、『キャプテン・アメリカ ザ・ウィンター・ソルジャー(原題)』では、ふたりが演じているキャラクターは意外と互いに共通点が多いということに気づくのだという。

「彼らはふたりとも他人を信用することができないけど、数年間、一緒に働いてきている。だから、彼らは友情を通して、自分が求めるものは何か、自分のアイデンティティとは何かということを考えるようになるの」と、スカーレットは英国の映画誌トータル・フィルムに語っている。

また、クリスは、「ふたりの関係で興味深いのは、ブラック・ウィドウはモラル的にどうかと思うことでもやってのけることができるが、対照的に、キャプテン・アメリカは白か黒かはっきりしているタイプということだ」と話しており、パートナーとして働くふたりの性格の違いも描かれているようだ。【UK在 住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報