宮崎駿監督【公式引退の辞】全文

マスコミに配布された「公式引退の辞」
  • マスコミに配布された「公式引退の辞」

スタジオジブリが、9月6日、都内で宮崎駿監督の引退記者会見を行った。

同会見には、宮崎監督、鈴木敏夫プロデューサー、星野康二代表取締役社長が登場。13カ国の海外メディアを含む約200媒体、605名のマスコミが訪れ、会場に入れない取材陣も多数にのぼった。

事前に宮崎監督の「公式引退の辞」が配布され、約一時間半に及んだ会見は、ほとんど質疑応答に当てられた。

【以下、「公式引退の辞」全文】

公式引退の辞

ぼくは、あと10年は仕事をしたいと考えています。自宅と仕事場を自分で運転して往復できる間は、仕事をつづけたいのです。その目安を一応“あと10年”としました。

もっと短くなるかもしれませんが、それは寿命が決めることなので、あくまでも目安の10年です。

ぼくは長編アニメーションを作りたいと願い、作って来た人間ですが、作品と作品の間がずんずん開いていくのをどうすることもできませんでした。要するにノロマになっていくばかりでした。

“風立ちぬ”は前作から5年かかっています。次は6年か、7年か……それではスタジオがもちませんし、ぼくの70代は、というより持ち時間は使い果されてしまいます。

長編アニメーションではなくとも、やってみたいことや試したいことがいろいろあります。やらなければと思っていること――例えばジブリ美術館の展示――も課題は山ほどあります。

これ等は、ほとんどがやってもやらなくてもスタジオに迷惑のかかることではないのです。ただ家族には今までと同じような迷惑をかけることにはなりますが。

それで、スタジオジブリのプログラムから、ぼくをはずしてもらうことにしました。

ぼくは自由です。といって、日常の生活は少しも変わらず、毎日同じ道をかようでしょう。土曜日を休めるようになるのが夢ですが、そうなるかどうかは、まぁ、やってみないと判りません。

ありがとうございました。

以上

2013,9,4  宮崎駿

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報