ポール・マッカートニーのフリーコンサートにファン熱狂!交通渋滞を巻き起こす

ロサンゼルスでフリーコンサートを敢行したポール・マッカートニー
  • ロサンゼルスでフリーコンサートを敢行したポール・マッカートニー

太っ腹なポール・マッカートニーが、ロサンゼルスでフリーコンサートを行い、ハリウッドブルバードは何千人ものファンの熱気に包まれた。

16枚目にして、6年ぶりのスタジオアルバムとなる「NEW」(全米10月15日、イギリス・日本は14日発売)をリリースするポールは、米ABCテレビの「ジミー・キンメルのライブショー」に出演したが、同企画の一環でハリウッドブルバードを完全封鎖して、フリーコンサートを敢行した。

ハリウッドブルバード周辺のビルの窓やバルコニーにも、ポールを一目見ようとする人々の姿が多くみられ、会場から離れた遠方の道行く人々の車も止めてしまうほどの大渋滞を巻き起こしたとか。ポールとともに、「Let It Be」や「Hey Jude」を熱唱するファンで溢れかえり、71歳にしてバリバリ現役の存在感を改めて示す人気ぶりだったと、デイリー・メール紙が報じている。

ビートルズとして一世を風靡したポールだが、「今でも、コンサートで歌い始めたらファンがどんどん会場から立ち去ってしまうという悪夢を見ることがあって、冷や汗をかいて目が覚めるんだ。今までにそういう経験はないんだけどね」と同トークショーで語り、スタジオでも生歌を披露するなど、サービス精神旺盛な一面を見せた。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報