観客の口あんぐりに松本人志ガッツポーズ!?

作品への思いを語る松本人志監督
  • 作品への思いを語る松本人志監督

松本人志監督の映画「R100」(公開中)の初日舞台あいさつが、10月5日、都内で行われ、出演者の大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、佐藤江梨子、渡辺直美、渡部篤郎と松本監督が登場した。

同作品は、「大日本人」('07年)、「しんぼる」('09年)、「さや侍」('11年)に続く4作目。“SとM”をモチーフに見る者を引き込んでいく独創的なストーリーとレトロでオリジナルな映像感覚で、全てのセオリーを蹂躙するゴージャスな最高傑作エンターテインメント作品。

都内有名家具店に勤務する片山貴文(大森)は、謎のクラブ「ボンデージ」に入会する。以降、さまざまなタイプの美女たちが片山の日常生活の中に突然現れ、彼をこれまで味わったことのない世界に誘ってゆく。しかし、内容は次第にエスカレートしていき、女性たちは職場や家庭にも現れるようになる。耐えられなくなった片山はプレイの中止を求めるが、一向に受け入れられず…というストーリー。

松本監督は「女王様の誰とも恋に落ちることなく、ややこしい関係になることなく、順調に撮影できて、自分の撮りたいものの相当な部分まで表現できたんじゃないかなと満足しています」と自信をのぞかせ、「『そして父になる』を見てから、“そして父、Mになる”を見ていただいて。それで便乗できるのかなと思っています」とコメントし、会場を沸かせた。

主演を務めた大森は、上映後の舞台あいさつということで「皆さんがどんな目で僕を見ているか少々不安もありますが…(笑)」とあいさつし、「こういう役は、なかなかいただけるものではないので非常に刺激的な時間を過ごしてました」と撮影を振り返った。

女王様を演じた大地は「こういう独特で個性的な世界にない映画に参加させていただいて、わたしにとっては挑戦だったんですが、とてもいい体験をさせていただきました」と告白。さらに、「大森さんをムチで叩くところは、(撮影では)映画に出ている以上にやってます。やってる時はテンションが上がってきて、異常に興奮したわたしがいました」と話すと、松本監督が「『カット!』の声をかけたときは、OKということではなく、大森さんがかわいそうで…」と振り返り、笑いを誘った。

そんな中、渡辺が「初日に大森さんに唾をかけるシーンだったんです」と明かすと、松本監督が「リハーサルでは実際に唾はかけられないので、本番で一発撮りをしたけど、渡辺の唾の吐き方に『お前、そこまでいかんでも…』って(笑)。大森さんもびっくりしたんじゃないですか?」と質問。すると大森は「目隠しをされている状態だったので何も分からず『長いなぁ』って思ってました。後からこうなってたんだと…」と答えていた。

舞台あいさつはティーチイン形式で行われたため、松本監督に観客から最後のシーンの発想について質問が寄せられた。松本監督は「最後の最後はびっくりさせたいという思いは毎回あって、『Mが突き詰められていくと最終的にはどうなるのか』ということを悩み続けた結果、自分の中の答えとして(最後のシーンが)出てきました」と返答。さらに、「海外でも楽しんでいただいていて、トロント(国際映画祭2013)でもずーっとウケてたんですけど、最後のシーンはポカーンとなってましたね。その時は『やったー! ざまあみろ!!』って思っちゃうんですよね(笑)」と心境を語った。

映画「R100」
公開中

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報