ヒュー・ジャックマン、取材記者が昔の教え子だったことに気づく

昔の教え子だった取材記者を赤面させたヒュー・ジャックマン
  • 昔の教え子だった取材記者を赤面させたヒュー・ジャックマン

ヒュー・ジャックマンといえば、ショービズ界で最もナイスなスターとして知られているが、チューリッヒ映画祭のレッドカーペットに登場したヒューは、取材記者の1人が自分の昔の教え子だったことを覚えていて、記者の子供時代を語り始めたという。

ヒューは、俳優としてブレイクする前の1987年に、英国の学校で体育の補助教員として働いたことがあり、その時に教えたことのある男性が、記者としてレッドカーペットのヒューに質問を浴びせてきたという。

この記者が、どんなものに怒りを感じるかとヒューに質問すると、ヒューは「先生の話をよく聞かない子供。体操服を忘れて来る子供。プールに飛び込みなさいとこっちが言っているのに飛び込まない子供。それらは全て、僕が怒りを感じる対象だよ、ロロ!」と記者を名指しで呼び、「実際、どんどん君のことを思い出してきたよ」と言ってにっこり笑い、ロロという記者を赤面させたと英紙デイリー・メイルが伝えている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報