ダニエル・ラドクリフ、「ゲイのセックスはすごく痛い」

実在したゲイの詩人アレン・ギンズバーグを演じたダニエル・ラドクリフ
  • 実在したゲイの詩人アレン・ギンズバーグを演じたダニエル・ラドクリフ

ダニエル・ラドクリフが、Flaunt誌のインタビューで、新作『Kill Your Darlings』でのゲイ・セックスシーンについて語っている。

ダニエルは同作で詩人アレン・ギンズバーグの役を演じているが、好きになった相手に拒否され、見知らぬ男性を相手にヴァージンを失うシーンがあるらしい。

「どんな風に人が恋に落ちるかという点では、何の違いもないと思うんだ。人間の愛の表現の仕方は、人によって違う。それは人の性別とか性的志向によって違うわけではない。ただ、一つだけ違いがあるとすれば、それは実際のセックスのシーンだと思う。監督がセックスシーンについては、一通り説明してくれたんだけど、彼は、それを表現してほしいというんだ。つまり、ゲイの初めてのセックスはものすごく痛いということをね。監督は、それを描いている映画はいまだかつて見たことがないと言った。監督は、本当にヴァージンを失っているようなリアルな映像が撮りたかったんだよ」とラドクリフは話している。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報