くまモンが“赤いほっぺ”を紛失! 都内で捜索活動を開始

信号をほっぺと勘違いするくまモン
  • 信号をほっぺと勘違いするくまモン

熊本県のイメージキャラクターとして大人気のくまモンが、トレードマークである“赤いほっぺ”を紛失していたことが発覚。10月30日(水)から都内でほっぺの捜索活動を開始した。

赤いほっぺをなくしたくまモンは、熊本県のアンテナショップ「銀座熊本館」(東京・中央区)のオープンと同時に、さっそく捜索を開始。街頭に飛び出して植え込みに顔を突っ込んだり、赤い信号や、店内で販売しているトマトなどを赤いほっぺと勘違いしたりするなど必死の様子で、赤いほっぺが見つからないとわかると、ひどく落ち込んだ様子だった。

その後は、街行く人たちに赤いほっぺ捜索への協力を呼びかけるビラを配布。付近には多くの人が集まり、受け取った人も赤いほっぺをなくして心を痛めているくまモンを気遣っている様子だった。ちなみに、初めて生のくまモンを見たという女性は、「赤いほっぺがないと、特徴のない“ただの普通の熊”ですね」とショックを受けている様子。くまモンは、「みんなで探してほしいモン」と赤いほっぺ捜索への協力を呼び掛けていた。

今回の件について熊本県の広報担当者は、「昨日(29日)の夕方に、『くまモンスクエア』の舞台で子供が気が付いて発覚しました。『こんなのくまモンじゃない』と子供たちもショックを受けているようで、舞台は大混乱。どこでなくしたのか、どこにあるのか全くわからない前代未聞の事態で、『くまモン』もひどく落ち込んでいます。見つかるまで必死に捜索するが、もしも心当たりがあればウェブサイトから報告してほしい」と語っている。

今後、赤いほっぺをなくしたくまモンは、都内で約1万枚のビラを配布するなどし、広く赤いほっぺ捜索への協力を呼び掛けていく予定だという。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報