北川景子と深田恭子、戦慄のホラー映画の現場で「女子会が楽しかった」

『ルームメイト』で初共演した北川景子と深田恭子
  • 『ルームメイト』で初共演した北川景子と深田恭子

ホラー映画には美女が不可欠である。“最恐美女ホラー”と銘打つ『ルームメイト』(11月9日公開)の北川景子と深田恭子もしかりで、恐怖や苦悩で顔を歪ませる2人が実に美しい。本作でホラー映画に初挑戦した北川と、多重人格という難役にトライした深田にインタビュー。2人は「とても楽しい現場だった」と口を揃え、撮影エピソードを語ってくれた。

北川扮する主人公・萩尾春海は、出会って意気投合した西村麗子(深田恭子)とルームシェアを始める。最初は仲良く過ごしていた2人だったが、やがて春海にとって麗子は恐怖の対象に変わっていく。北川は脚本を読んだ感想について「人が死ぬから、血が出るから怖いというのではなく、人間の深層心理の恐ろしさを読み取って、これは面白いなと思いました」と語る。深田は「台本を1回読むだけでは把握できず、読み直したりしました。いろんなことを思い、胸がざわざわする感じがありました」と振り返る。

2人は本作で初共演となった。北川は相手役が深田に決まった時、大喜びしたそうだ。「うれしくて『本当に!?』と飛び上がりました。私はデビューする前からテレビで深田さんの作品は拝見していたので、そういう意味で大先輩と競演できる喜びを素直に感じました」。また、共演した感想については「本番に入る時のスイッチの切替えがすごい。直前まではいつものふわっとした恭子ちゃんだけど、本番になると麗子になって、カットがかかるとまた恭子ちゃんに戻る。思っていたとおりの集中力でした」と絶賛。

深田は北川について「サバサバしているイメージがあったのですが、現場ではすごく場を盛り上げてくれたし、いろんなところで気を遣ってくださいました。スタッフも女性が多かったのですが、景子ちゃんが女子の結束力を固めてくれたんです。女子会みたいでした」と笑顔で語った。北川も「本当に楽しかったよね」と顔を見合う。

北川が演じた春海は、麗子に翻弄されていく役どころなので、受け身の演技が多かったが、役にはどうアプローチしていったのか?「あまり深く考えず、完全に真っ白な状態にし、相手の役者さんのお芝居を見てリアクションをするという作業でした」。深田は多重人格の役どころについて、古澤健監督のアドバイスが響いたと言う。「麗子の中の別人格は、すべて彼女を守ろうとして生まれた人格だから、別に意地悪をしたいわけではない。好きだからこそ守りたいというベースを持っていてくださいと、監督から言われました。確かにそこは本当に大切なことだと思ってはっとしました」。

ちなみに、劇中で犬が絡むショッキングなシーンがある。北川は「私たちは現場では犬を見てなかったのですが、流しに毛や血があったので、おお!って感じでした。撮影の時も、過剰に驚くことを意識して演じていました」と告白。犬を飼っている深田は、完成したそのシーンを正視できなかったようで「薄目で見たから、よくわからなかったです」と苦笑い。いくつかハードなシーンがあるが、このシーンについても相当覚悟をしておきたい。

最後に、本作の見どころについて聞いた。北川は「一緒に暮らしているルームメイトに謎があった、と聞くと、ありがちな売り文句に聞こえるけど、最後まで見てみないと結末がわからない。ただのホラーじゃないです」とアピール。深田も「日常的に起こらない状況や感情を味わえるから、この映画でスリルを楽しんでくれたらなと。平和なお話ではなく、ドキドキできる作品なんだよってことを伝えたいです」と締めくくった。

予断を許さないストーリーテリングはもとより、北川景子と深田恭子の演技バトルが見ものの『ルームメイト』。さて、あなたはこの戦慄の結末をどう受け止めるのか?是非、腰を据えて臨みたい。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報