前田敦子が共演者をイジりまくり!?

主演を務めた前田敦子
  • 主演を務めた前田敦子

映画「もらとりあむタマ子」(公開中)の初日舞台あいさつが、11月23日、都内で行われ、前田敦子、康すおん、伊東清矢、山下敦弘監督が登壇した。

同作品は、逆ギレが得意なぐうたら女子が、ちょっとした一歩を踏み出すまでの一年を四季を通して描く。東京の大学を卒業したものの、就職せず、父の善次(康)が一人で暮らす甲府の実家に戻って来たタマ子(前田)は、家事もせず、家業も手伝わず、ただひたすら食っちゃ寝を繰り返すぐうたらな生活を送っていた。善次の「就職活動くらいしろ!」という言葉にも、逆ギレする始末。そんな中、善次に女性の影が…といったストーリー。

前田は「あまり考えずにそのままの空気感でみんなで作っていったという感じだったので、すごく心地のいい現場でした。こういう現場はなかなかないんじゃないかな」と撮影を振り返った。

また、父親を演じた康について「撮影は、少し期間が開いてまた撮影という感じだったのですが、いつもそのままでいてくださるので、(撮影が再開されるたびに)役に入りやすく、いつも楽しく撮影していました」とコメント。さらに、タマ子にあごで使われる中学生の仁役の伊東について「かわいいんですよ。(現場では)すごくイジってましたね(笑)」と笑顔で明かした。

そんな中、康が「食べるシーンが多くて大変だったのですが、前田さんは本番が終わっても食べてました。こんなに食べる人だと知らなくて、最初はびっくりしました」と暴露すると、前田は「お父さんのぶんまで食べてました(笑)」とにっこり。

最後に、前田は「またちょっと時間が開いた時に、『またタマ子の世界観を味わいたいな』『この世界観は心地いいな』と思ってもらえたらうれしいです」とアピールした。

映画「もらとりあむタマ子」
公開中

キーワード

[PR] おすすめ情報