岩佐真悠子、アソコに人面瘡の設定に「こんなショッキングな出来事はない」

『受難』の初日舞台挨拶に登壇した岩佐真悠子
  • 『受難』の初日舞台挨拶に登壇した岩佐真悠子

姫野カオルコの同名小説を、岩佐真悠子主演で映画化した『受難』の初日舞台挨拶が、12月7日にシネマート新宿で開催。主演の岩佐、古舘寛治、淵上泰史、伊藤久美子、吉田良子監督が舞台挨拶に登壇した。ある日突然、陰部に人面瘡ができてしまったヒロインを演じた岩佐は「無事に初日を迎えられてうれしいんですが、これからの反響が怖かったりもします」と笑顔で語った。

吉田監督は「映画化が何年もかかって実現したので、こうして見てもらえることをうれしく思います」と感慨深い表情で挨拶。最初にオファーをもらった時、出演に躊躇したという岩佐は「監督は真面目な方で、一生懸命その場で悩みながらも話してくださり、この人だからやってみたいと思いました」と信頼感を口にした。

アソコに人面瘡ができるという設定について岩佐は「こういう仕事をしていると、自分の人生には起こらない経験を多々しますが、さすがにこんなショッキングな出来事はないですから」と話した。劇中で、人面瘡にエサをやるシーンについては「すごい複雑な気持ちでした。ま、餌付けだと思ってやっていました」とも。

岩佐と共演した古舘が「岩佐さんが本当にオープンで、ずっといじられていたんです。相当僕よりお若いのに、自分より姉御みたい」と感心すると、岩佐は「いやいや、大先輩なのに」と恐縮。古舘は「すごく楽しくできました。手の上に転がされてたみたいで」と苦笑い。最後に岩佐が「ちょっと照れくさい気持ちもありつつ、みなさんが見てどういうふうに思うのかが知りたいです」と会場に訴えかけ、舞台挨拶は幕を閉じた。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報