上戸彩、8年ぶりの主演映画に「数字を気にするのではなく、自分がやりたい役をやりたい」

上戸彩、主演映画が8年ぶりとなったワケを告白
  • 上戸彩、主演映画が8年ぶりとなったワケを告白

上戸彩と高良健吾が出演する『武士の献立』の初日舞台挨拶が12月14日に丸の内ピカデリーで開催され、上戸、高良をはじめ、西田敏行、余貴美子、朝原雄三監督が登壇。8年ぶりの映画主演となった上戸は「テレビドラマで育ってきたので、お金を払って見に来てもらう映画にはプレッシャーがあって。怖がっていたら、8年も経ってしまった」と胸中を告白。「でも25歳になった頃から、数字がどうのと言うよりも、自分がやりたい役をやっていきたいと思った」と久々の主演作に対する思いを語った。

本作は、江戸時代の加賀藩を舞台に、料理で動乱を乗り越えた“包丁侍”の夫を支える妻を描いたヒューマンドラマ。着物姿で現れたキャスト陣が、そろって晴れやかな表情を見せたこの日。時代劇初挑戦となった高良は「毎日が初めてのことだらけだった」と振り返り、「包丁を使えなければいけないし、殺陣ももっとできなければいけない。毎日が勉強でした」と刺激的な撮影となったようだ。

父親役の西田は「この2人は、愛しかったですねぇ。撮影って結構寒いんですよ。そんな時は毛布をかけてくれたり、色々優しくしてくれた。今思い出しても涙が出そう」と目を細めると、余も「こんな良い子たちいない!」と上戸と高良を絶賛。さらに西田が「ずっと家族でいたかったねぇ」とこぼすなど、しっかりと絆を育んだ様子だ。

和食がユネスコ世界無形文化遺産へ登録されるなど、世界中で日本食への関心が高まっている。和食の魅力について、料理上手の妻・春を演じた上戸は「出汁にこんなにこだわっている国は日本しかないと思う。素材を生かしていてヘルシー。機内でもこの映画を流してもらって、外国の方にももっと和食を知ってもらいたい」と目を輝かせた。

高良は「この映画で、春がかぼちゃ料理を作っているシーンが好きで。時間をかけて料理を作るということを感じると、もっと人や食に対する思いやりが感じられると思う」とコメント。余も「お料理は手間をかけて作るもの。夫婦、家族の愛も成長して、繋がりの関係を作っていくものなんだなと思った。味のある良い映画です」と完成作に太鼓判を押していた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報