仲間由紀恵&阿部寛、『トリック』初出演の東山紀之に感心!

仲間由紀恵と阿部寛が『トリック』完結編を語る!
  • 仲間由紀恵と阿部寛が『トリック』完結編を語る!

遂に、堤幸彦監督の人気シリーズ「トリック」が、14年の歴史に幕を閉じる。そう、仲間由紀恵扮する自称超売れっ子天才美人マジシャン・山田奈緒子と、阿部寛演じる騙されやすい天才物理学者・上田次郎の“迷”コンビが、完結編となる劇場版第4作『トリック劇場版 ラストステージ』(1月11日公開)で見納めとなる。悲しいし、寂しい。でも、ファン以上に、きっと役者陣やスタッフたちは、感慨深い思いを抱えているに違いない。仲間と阿部の2人にインタビューし、今の心境や本作の撮影秘話を語ってもらった。

2000年に連続ドラマとしてスタートした「トリック」シリーズ。仲間は「長いようであっという間でした。始まると、ジェットコースターのような撮り方をする作品で、ある時期、みんなで集まってお祭りをする。その後、ちょっと力を温存してから、また集まる、みたいなことをずっと繰り返していたような気がします」と振り返る。阿部もうなずきながら「14年と聞くと、そんなにやったんだという感じですね。1つの作品にそんなに長く携われたことは本当にうれしいと改めて思います」と感無量の様子。

ここまでシリーズが続いてきた理由を、2人はどう捉えているのか。仲間はこう考える。「少し悲しそうな雰囲気もあれば、すごくバカバカしいことばかりやっている。堤さんの作り出す独特の世界観や、登場するキャラクターが素敵な雰囲気を漂わせているんです。そんな個性に魅了されて、みなさんがずっと見てくださったのかなと」。阿部は「ダメな人間でも良いんだと思えるところです(笑)。出てくる人たちは、みんな欠陥だらけ。良い意味で子供みたい」と苦笑いすると、仲間も「そういうところ、ありますよね」と吹き出す。

今回は、マレーシアのボルネオ島という秘境で、シリーズ初となる海外ロケを敢行。阿部は「海外に行きましょうよと、何年も前から言っていたんです。でも、スケジュールとかいろんなことがあって行けなくて。ようやく今回行けました。夜の撮影が短かったから、みんなで食事に行ったりできました」とうれしそう。仲間は「でも、リゾート地とかヨーロッパではなくて、敢えてマレーシアの半島のいちばん端の洞窟。『トリック』らしい現場でした」と笑う。

今回、奈緒子と上田は、貿易会社の商社マン・加賀美慎一(東山紀之)からの依頼で、最強の呪術師の不思議な力のトリックを見破ろうとする。ゲスト俳優の東山について阿部は「東山さんは、『トリック』の世界へ来たら、驚くんじゃないかと思っていたけど、全然迷いがなかったですよね」と感心すると、仲間も「ゲストの人は、毎回、堤監督の洗礼を受けるのですが、東山さんはすっと入られていました」と驚いたそうだ。阿部が「今回は吉田鋼太郎さんが見ていて面白かったです。大丈夫かな?と思いました」と言うと、仲間は「私も頑張ってください!と思いましたが、明日は我が身で、私たちにもいつ監督からお題を投げられるかわからない。油断していると来ますから、心のなかで励まし合っていました」と思い出しながら微笑む。

最後に、2人のキャリアにとって「トリック」シリーズは、どういう存在なのかを聞いてみた。仲間は「やっぱり特別な作品になったと思います。他にはない、大事な特別な作品。今もそう思っています」と言葉をかみしめる。阿部も「毎回撮影に入る前に過去の作品とかを見返したりするんですが、そうすると、あの時はわからなかったところも、ああなるほど、と思えたりして、それだけ自分が成長したのかなと確認ができたりするんです。過去を振り返り、現在の曲がったところを修正する、そういう軸のような作品だったのかもしれません」。

泣いても笑っても、これが最後となる『トリック劇場版 ラストステージ』。シリーズ最後の主題歌が、「トリック」最初のエンディングテーマである鬼束ちひろの「月光」という点もニクイ。特に、ラストシーンは、万感の思いが込められた名シーンとなっていて、深い余韻を味わえること間違いなしだ。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報