ヒュー・ジャックマンが世界で最もダサい髪型に!

役作りのため、最もダサい髪型にしたヒュー・ジャックマン
  • 役作りのため、最もダサい髪型にしたヒュー・ジャックマン

ヒュー・ジャックマンが、マレットヘアと呼ばれる髪型になった自分の写真をインスタグラムに投稿している。

マレットヘアは「世界で最もダサい髪型」と呼ばれることもある悪名高きヘアスタイルで、前髪やサイドなど全体的にはショートなのに襟足だけが長い髪形のこと。80年代に大流行し、当時のデュラン・デュランのメンバーなどがマレットにしていたが、現代ではひどい髪型の代名詞として使われている。

ヒューは新作SF映画『Chappie(原題)』で演じるヴィンセント役のためにマレットヘアにしたようで、インスタグラムの画像には「『Chappie』撮影初日!ヴィンセントの誕生だ。いかしたマレット。南アフリカでニール・ブロムカンプ監督と仕事をしている」というメッセージがついている。同作は誘拐されたロボットの話で、シガニー・ウィーバーも出演しているという。

マレットヘアのヒューの画像はファンの間では評判上々のようで、「この髪型でかっこよく見えるのはあなただけ」「マレットをホットな髪型にした」「なんてこと!だけど、それでも素敵」などのコメントがインスタグラムで読める。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報