スカーレット・ヨハンソン「『アベンジャーズ』続編はダークで知的」

『アベンジャーズ』続編はダークで知的と語ったスカーレット
  • 『アベンジャーズ』続編はダークで知的と語ったスカーレット

スカーレット・ヨハンソンが、『アベンジャーズ』続編のストーリーについて話している。

「脚本はダークでドライだと思う。素晴らしい決め文句や、鋭いユーモアにあふれているわ。明らかに知性に訴える脚本よ。前作で人々がエンジョイしたコミック・ブック的な側面は失われていないけど、今回の作品は知的だし、次に進んだという感じだわ。焼き直しではないのよ。キャラクターたちも、ストーリーラインも前進している。マーベル・ユニバースが人々に愛されるのは、ディープだからだと思う。楽しい作品だし、エキサイティングで派手な見せ場もあるけど、シリアスな部分もあるのよ。今回の作品には、そのシリアスさが期待できるわ」とスカーレットはパレード誌に語っている。

『アイアンマン2』(10)や『アベンジャーズ』(12)にブラック・ウィドウ役で出演したスカーレットが次に同役で登場するのは、4月19日(土)公開の『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報