ロボコップ、柴又帝釈天の豆まきに登場!

『ロボコップ』が柴又帝釈天で豆まきに参加!
  • 『ロボコップ』が柴又帝釈天で豆まきに参加!

進化を遂げて約30年ぶりにスクリーンへと戻ってくるサイボーグ警官『ロボコップ』(3月14日公開)。ロボコップが、2月3日の節分の日に、柴又帝釈天で行われた豆まきイベントに参加。葛飾・亀有警察署のゆるキャラ「防犯戦隊フリコマン」と着ぐるみ女性警察官・本田あやめ巡査と共に、振り込め詐欺の撲滅を訴えたり、沿道の人々にチラシを配ったりした後、豆まきを行った。

黒山の人だかりとなった境内で、日本の安全と平和を祈り、ガシャンガシャンとロボットの動きで、豆をまくロボコップ。彼が振る舞う豆を取ろうと、参加者も猛ハッスル。まき終わった後、ロボコップは、「ここ、帝釈天で、多くの日本人と豆まきイベントを通して交流できて光栄だ。ご協力に感謝する」と感想を語った。

ロボコップは、警視庁や日本全国の警察署と強力タッグを組み、警視庁や大阪府警、兵庫県警、京都府警などのキャンペーンポスターにも登場。また、この豆まきを出発式とし、この後も日本全国の警察署を巡回、様々なイベントに参加する予定だ。

ブラジル人のジョゼ・パジーリャ監督が放つ、新生『ロボコップ』。一度は殉職するも、最新のロボット技術により“ロボコップ”として新たな生を受けた警官が、巨大な陰謀に立ち向かう姿を描く。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報