ウィノナ・ライダー、昔の教訓を生かして3年越しの恋人の存在を暴露!

ジョニデに未練なんてありません!恋人の存在を明かしたウィノナ
  • ジョニデに未練なんてありません!恋人の存在を明かしたウィノナ

いままで私生活については一切口を開かなかったウィノナ・ライダーが、3年越しの恋人の存在を明らかにした。

42歳のウィノナが現在交際しているのは、オーガニック・コットンを主流としたエコ・ファションブランド「Loomstate」のCEOを務めるスコット・マッキンレー・ハーンで、ウィノナにとってとても特別な存在だと言う。

「別に隠しているつもりはないんだけど、昔の教訓を踏まえて言わない方がいいんじゃないかと思っていたの。彼はこの業界の人ではないしね。やっていることも素晴らしいし支持できるわ。とても地味なんだけど、エコロジーに根差した活動をしているの」とRed誌のインタビューでノロけている。

ウィノナはこれまでにクリスチャン・スレーター、ジョニー・デップ、ミュージシャンのデヴィッド・ピルナー、ダニエル・デイ=ルイス、マット・デイモン、ミュージシャンのブレイク・セネット、そしてキアヌ・リーブスなどとも噂があったが、90年に婚約したジョニー・デップとの破局の精神的ダメージが大きく、万引きなどの奇行も目立った。そしてその後は、なかなか長続きする恋人が見つからなかったと言われている。

「35歳の時、サンフランシスコで出会った男性は、ただインターネットで知っただけの私に興味を持ったの。つまり私が有名人だからという理由でね。これまでにもそういう人が多かったわ。でもスコットは、まったく私の名声には無関心な人なの。だから特別なの」と同誌に語っている。

突然ウィノナが恋人の存在を明らかにした背景には、ジョニーがアンバー・ハードと婚約したことで、タブロイド誌がこぞって「ジョニーとの復縁を密かにねらっていたウィノナは、ショックで立ち直れないだろう」といった記事を書きたてているため。すでにジョニーのことは吹っ切れていることをアピールするねらいがあったのではないかと言われている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報