山田菜々はお笑いの素質なし!?NMB48メンバー渾身の『げいにん!THE MOVIE』第2弾完成

1作目より数段成長を見せた山本彩らNMB48メンバーと内田秀実監督
  • 1作目より数段成長を見せた山本彩らNMB48メンバーと内田秀実監督

「第六回沖縄国際映画祭」3日目の3月22日、沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンター・シアター1において、『NMB48 げいにん!THE MOVIE リターンズ 卒業!お笑い青春ガールズ‼ 新たなる旅立ち』が上映され、上映後行われた舞台挨拶に内田秀実監督とNMB48の山本彩、渡辺美優紀、山田菜々、小笠原茉由、小谷里歩、薮下柊、矢倉楓子が登壇した。

ワールドプレミアムとして上映された本作は、日本テレビで深夜に放送されて話題となった学園シチュエーション・コメディ「NMB48 げいにん!」の劇場版第2弾。大阪にある「私立なんば女学院」の“お笑い部”を舞台に、部員たちと、謎の美少女が織り成す青春コメディーとなっている。NMB48のメンバーがお笑い部の部員に扮して、本気で笑いを取りに行く姿に注目だ。

上映後、会場中の大きな拍手に包まれて、内田監督とNMB48のメンバーたちがステージに登場。登壇直後、山本が「映画はいかがでしたでしょうか?」と問い掛けると、会場からは大歓声が沸き起こった。その歓声を受けて、山本は「撮影中は全くどうなるか分からなかったけど、完成した作品を観て、自分自身も感動しました。前作以上に良い作品になっていると思うので、友人や周りの人に伝えていただけたらうれしいです」と挨拶した。

昨年の同映画祭で上映された1作目が好評だったため製作された今作。渡辺は「まさか続編が出るとは思わなかったので、うれしかったです。1作目で菜々ちゃんが3年生だったので『どうするんだろう?』と思いましたが、留年していたので良かった」とユーモアを交えつつ続編誕生の喜びを口にした。

前作との違いについて、山本は「1作目は演じるのに恥ずかしさがありましたが、2作目はみんな役に成り切っていました」と、小笠原は「1年が経過して外見は変わりましたが、内面は変わらずお笑いに挑みました」と、それぞれコメント。

生意気な新入部員として初出演した薮下は、「素の自分とフレッシュさで押し通しました」と語り、ネタを思いついたら小谷に相談していたそう。だが、当の小谷は「私も分からないので、全部『いいんちゃう?』と言っていました」と告白。ショックを受けた薮下を渡辺が「菜々ちゃんみたいにスベる要素はないから大丈夫」とフォローしていた。

幽霊役で初出演した矢倉は、「表情は普段から悲しげに見られがちなのであまり困りませんでしたが、感情を出さないようにするのは難しかったです」と感想を。司会者に「みんなが笑わそうとするシーンは、笑わないようにするのは大変だったのでは?」と問われ、「彩さんの“おじいちゃんの2way”がすごく面白かったので、我慢するのが大変でした」とコメント。ここで、観客からの要望に応え、山本が“おじいちゃんの2way”のネタを実演すると、会場は再び大盛り上がりに。

作品内でモノボケをするシーンについては、現場で実際に物を見てからみんなでネタを考えたそう。内田監督はその様子について「みんなどん欲に頑張っていました。山田さん以外はお笑いの素質がありますね」と発言。一人だけ外された山田は、つまらないとスタッフも出演者も誰も笑ってくれなくて寂しい状態になっていたそう。司会が「すべりすぎて逆に面白くなることは…」と救いの手を差し伸べたが、監督にあっさり「ないです」と一蹴されてしまった。

最後に、山本が「テレビ番組が映画になっただけでもうれしいのに、皆さんの大きな声で2作目までつなげていただいてすごくうれしいです。共に成長してきたことで、『げいにん!』はとても大事な作品になりました。来年も3作目と一緒に沖縄国際映画祭に参加したいです」と意欲を見せた。

キーワード

[PR] おすすめ情報